AX

Girls data » 天気・災害 » 地震 » 災害の時の万が一に備えましょう~防災意識の向上について

災害の時の万が一に備えましょう~防災意識の向上について

 ← SARIはいま何位?

災害の備え

私が防災用品を
強く意識するように

なったのは、
東日本大震災以降です。

 



スポンサードリンク


 

あの地震があるまでは、
防災について
あまり深く考えたことはありませんでした。

 

 

東日本大震災のあと、防災意識に変化がでました

 

学生時代、9月1日の防災の日に防災訓練をする時は、
身が引き締まる思いになりましたが、
それも長くは続かないような感じでした。

 

 

防災用品も、いつ何が起きても慌てたり、
困らないように準備をしておかなくてはと思いつつも、
あの地震が起きるまで何もしていませんでした。

 

 

被災地でもなく、直接的な被害はなかったのですが。

 

東日本大震災 防災意識 変化
 

ガソリンや灯油の不足であったり、食料品や電池、
普段は見向きもしないであろう、
防災グッズまで品切れになってしまいました。

 

 

あのような地震が1度起きれば、
そうそうまた同じようなことにはならないだろう
とは思います。

 

 

防災について今一度見直しをしてみましょう

 

ここ数年は地震だけに限らず、
ゲリラ豪雨や竜巻が各地で毎年のように起きています。

 

防災 見直し
 

どこか自分は大丈夫なんて、つい安易に思いがちです。

 

 

災害は忘れた頃にやって来るとも言われていますので、
改めて防災や防災用品について
見直して行く必要があるのかと思っています。

 

 

防災用品は万が一のために分散して準備する方法も視野に

 

私が常に防災用品で準備しているものは、
イザと言う時のためにリスクを軽減させるため、
荷物を分けるようにしました。

 

防災 準備しておくもの
 

もし、地震等で家が倒壊してしまうと、
せっかく用意して置いた防災用品も、
持ち出すことができない可能性もあります。

 

 

それなので、車のトランクに防災用品を入れています。

 

 

下着類や、生理用品であったり、
どの季節に災害に遭うのかは全く分かりませんので、
寒さ対策としてマフラーや手袋やカイロも入れています。

 

 

その他には、歯ブラシや石鹸やタオル、
汗拭きシートやウエットティッシュ、
トイレットペーパーやポケットティッシュ、避難用の靴。

 

 

何かに役立つかもしれないと、
アルミホイルやラップ、
ビニール袋やレジャーシートを用意しています。

 

 

家の中では
缶詰であったり、長期間保存が出来るお菓子などの

非常食を準備しています。

 

 

停電!?オール電化住宅での防災対策は?

 

わが家はオール電化です。

 

停電 オール電化 対策
 

停電してしまった時の対策として、

ガスコンロとフライパン、
ペットボトルに入っている水を用意しています。

 

 

他に、断水になってしまった時に
給水車から給水できるように、
折り畳み式のポリタンクを準備しています。

 

 

防災対策として、完璧だとは言えませんが何も用意を
していなくて災害に見舞われるのと、少しでもしている
のでは安心感も違うのではないかと思います。

 

 

災害が起こらないことが、1番良いことではあります。
世の中絶対と言うことはないので、
それぞれがしっかりとした防災意識を持つことが
まずは大切なことかも知れません。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】

まだデータがありません。

話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪