AX

Girls data » 天気・災害 » 地震 » 東日本大震災の教訓を生かそう~備えておきたい物&事柄

東日本大震災の教訓を生かそう~備えておきたい物&事柄

 ← SARIはいま何位?

東日本大震災 教訓 備え

東日本大震災から
丸4年が経ちました。

 



スポンサードリンク


 

今でもあちらこちらで大きな余震が起こり
最近では各地で火山活動も活発になってきています。

 

 

いつどこで大きな地震が起きてもおかしくない状況に
日本列島は置かれていると思います。

 

 

東日本大震災で防災意識に変化がでました

 

4年前の大震災が起こった後には
ペットボトル入りのミネラルウォーターや
乾電池が品薄になりました。

 

東日本大震災 防災意識 変化
 

店頭から
水や乾電池がなくなっていくのを恐怖に感じたこと
を思い出します。

 

 

大きな地震が起こった後の
混乱を経験し防災意識も高くなりました。

 

 

地震のための備え~必要な備蓄品について

 

防災の為の備えはいろいろ必要ですがまずは

 

 

水は人が生きる上でなくてはならないものですから、
必要量の水だけはなにがなんでも
確保しておきたいものです。

 

地震 備蓄品
 

我が家では
保存期間が長い(5年ほど)の2リットル入りの
ミネラルウォーターを箱入りで倉庫に備蓄しています。

 

 

保存食としては調理しなくても食べられるシリアルや
お粥などのレトルトパック、缶詰、バランス栄養食、
ゼリー飲料などを家族の人数分、3日ほどの分量を備蓄。

 

 

パックご飯は温めないと食べられないですが
これも若干備蓄食料に加えています。

 

 

これらの食料は定期的に賞味期限を確認し
入れ替えをしています。

 

 

我が家の防災袋の中身を紹介します

 

水や食料の他にも
備えておきたい防災グッズはいろいろあります。

 

 

我が家の避難用の防災袋の中身をあげてみましょう。

 

防災袋の中身
 

小型ラジオ、小型の懐中電灯
いずれも手回し充電できる物にしています。

 

 

予備の乾電池

 

 

乾電池は実際に地震が起きた時に
品薄になったものですから事前に予備を含め十分な数を
備えておきたいと考えています。

 

 

トイレットペーパー、携帯トイレ、
生理用品(女性は備えておくと安心)、
フレアーのロングスカート

 

 

スカートは
女性が用を足す時に便利なようなので準備をしています。

 

 

使い捨てカイロ、防寒アルミシート、新聞紙、
三角巾(怪我の応急処置用)健康保険証のコピー、
ドッグフード
(ペットを飼っている家はペット用品も忘れずに)。

 

 

若干の食料と水

 

 

これらの物を
防災袋の代わりの持ち出しリュックに詰めています。

 

 

ペットの避難用に
キャリーバッグもいつでも持ち出せるよう
リードトイレシートと一緒に準備です。

 

 

ライフライン=電気・ガス・水道=の復旧に時間がかかる場合も

 

家から避難しなくてよかったとしても
しばらくライフラインが使えなくなる可能性があるので
ガスが使えない時の為に
カセットコンロガスボンベを常備。

 

 

水道が止まると困るのは飲料水ですが
他にも水洗トイレの場合、一番にトイレの使用が
できなくなるのが困ると思います。

 

ライフライン 復旧 電気 ガス 水道
 

そのため、
お風呂を沸かした時は次にお風呂を沸かす時まで
湯船の水は抜かないようにしています。

 

 

災害時に使える簡易トイレも準備、
ネコ砂も一役かってくれるようなので
これも少しだけ準備しています。

 

 

地震のとき外出先にでていた場合の備えについて

 

外出時にもできれば
手回し充電できる懐中電灯やラジオなどを
持っているといくらか安心かと思います。

 

地震 出先
 

いつも身につけておきたい物にはホイッスルがあります。

 

 

地震で建物の下敷きになった時に
助けを求める為のものです。

 

 

普段でも身につけておくと
防犯対策にもなるかと思います。

 

 

防災を心がけて減災する。

 

 

いつ地震が起きるかわからない地震列島に
住んでいる私達がやっておくべき大切な事柄です。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪