AX

Girls data » 天気・災害 » 夏バテ・熱中症(日射病・熱射病) » 熱中症の対策は建設業でも大事

熱中症の対策は建設業でも大事

 ← SARIはいま何位?

熱中症 対策 建設業

近年夏になると
「熱中症に注意」と
良く聞きます。

 



スポンサードリンク


 

現在の建設現場における熱中症対策は
どのようなものか説明していきたいと思います。

 

 

熱中症ってどんな病気? 

 

そもそも熱中症とは昔でいう日射病や熱射病などを
総称した名前です。

 

熱中症 病気
 

熱中症には大きく分けて「熱けいれん」「熱疲労」
「熱射病」の3つに分類されます。

 

 

「熱けいれん」は発汗による塩分不足が
原因とされます。

 

 

水を摂取するだけでは熱けいれんは防げません。

「熱疲労」は脱水症状の一種です。

 

 

めまい、頭痛、嘔吐などの症状がでます。

 

 

「熱射病」は体の内部機能が低下して
体温が40℃を超えて意識障害が発生します。

 

 

この熱射病になると死の危険がありますので
緊急性を要します。

 

 

熱中症は屋外でなるとは限りません。

 

 

屋内であっても湿度、気温や体調不良などの原因から
熱中症になることはありますので注意が必要です。

 

 

現在の熱中症対策は他人事ではなく、
とても身近なものであると考えます。

 

 

熱中症になってしまったときの処置は?

 

熱中症になってしまったら症状によって処置が
変わりますが、まず涼しい場所に移動をします。

 

 

エアコンがある部屋が良いでしょう。

 

熱中症 処置
 

次に着ている服を緩めて体を冷やします。

 

 

首筋や脇下などを冷やすと効果的です。

 

 

ここからは症状別の処置になりますが、
「熱けいれん」は塩分不足が原因ですので
1%程度の食塩水を飲むことで回復していきます。

 

 

「熱疲労」は脱水症状ですので、
水分補給を第一に行います。

 

 

その水分ですが水ではなくイオン飲料
(スポーツドリンク)が良いでしょう。

 

 

足を頭より高くして寝ることも
早い回復を期待できる方法です。

 

 

「熱射病」の症状である場合は
とても危険な状態ですので第一に救急車を要請して
医師による処置を受けるようにしましょう。

 

 

熱中症対策<建設現場の場合>

 

建設現場の作業環境は新築工事の場合基礎や
躯体工事に関しては屋外作業となります。

 

 

真夏ともなれば作業場所の気温は
40℃近くになることも少なくありません。

 

 

その中で熱中症対策として作業員休憩所には
エアコン完備、冷水器の設置、製氷機の設置、
塩分補給のための塩あめなどを設置して
休憩中に体を冷やし、塩分補給をすることで
熱中症対策を行っています。

 

 

きゅうりの丸かじりも体を冷やす効果があるので
お勧めです。   

 

 

作業場所ではミスト噴霧がついた扇風機なども
最近は良くみかけます。

 

 

扇風機で風を受けているだけでも
効果はかなりあります。

 

熱中症対策 建設現場
 

服装にも工夫があり上着にファンが付いていて
空気を循環させて涼しくさせる作業着が
かなり普及しているようです。

 

 

私も実際着てみましたが、
ウインドブレーカーのような素材で
ただ着るだけではとても暑いのですが
ファンを動かし、体の廻りに風が当たると
とても涼しく、快適でした。

 

 

あと首筋を直射日光から防ぐ製品も
良く見るようになりました。

 

 

それ自体を濡らして冷却効果を高められるものや
保冷剤を入れておけるものなど
種類はたくさんあります。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪