AX

Girls data » 天気・災害 » 豪雨災害

豪雨災害

 ← SARIはいま何位?

豪雨 災害

平成10年の8月に
大変な豪雨災害が
起こりました。

 



スポンサードリンク


 

栃木県北部の那須寄りに住んでおりましたが、
とにかく今までに経験した事がないレベルの
雨量で確か当時、大雨洪水警報がでており、
600㎜程あったかと思います。

 

 

大雨洪水警報など普段耳にする事がない警報が、
ひっきりなしにニュースで飛び交っていました。

 

 

大雨洪水警報の中で外出

 

大雨洪水警報が出ているにも関わらず、
その日は職場の飲み会を控えておりました。

 

 

大雨洪水警報とはいえ、山間部寄りでは
あっても町ですし、たいして気にも止めず、
若さもあり(当時20歳)少し強い雨程度の
感覚で勢いで外出してしまいました。

 

 

職場付近は雨は降り続いてはいましたが、
大雨洪水警報が出る程でもなく、
飲み会が中止になったわけでもなかったので、
飲み会開催場所へ車を走らせ向かいました。

 

 

走るうちに、どんどん雨は強く、
道路の水はけも悪くなり、
渋滞し始めたのですが、
先が強烈な雨で何も見えません。

 

 

渋滞の原因がわからないのです。

 

 

しばらく渋滞の中待っていたら、
道路はいつの間にか流れの速い川に
なっていました。

 

 

車高の低い車は
半分近く雨水に浸水した状態です。

 

 

渋滞の原因は、
浸水してしまった車が動かなくなり
進む事も戻る事もできなくなっていました。

 

 

大雨洪水警報を無視し、
結果自分の車も動かなくなり
酷く後悔しました。

 

 

どうしたらいいのかパニックです。

 

 

周りの車も、
あちらこちらで動かせず
立ち往生といった大惨事でした。

 

 

しばらくキーを回していたら、
なんとかまたエンジン始動したので
勢いで脱出する事でき、
やっとの思いで帰路に着きました。

 

大雨 洪水
 

自宅付近は嘘のような静けさです。

 

 

ほんの少し行った先は、川のよう。

 

 

死者や行方不明者がでるほどの大惨事

 

警報は絶対です。

 

 

思い知りました。

 

 

とっても安易な気持ちで警報を聞き、
その先に待っている惨事など
考えもせずの行動。

 

 

災害は恐ろしいです。

 

 

あっという間です。

 

 

その為の警報である事。

 

 

その後のニュースで
死者や行方不明者が出ていたのが、
現実です。

 

 

あれだけの警報がでていたのにも関わらず、
たくさんの人たちが外出していました。

 

 

起きてからでは遅いという、
当たり前の事に気付けていないのです。

 

 

身に降りかかる瞬間はきっと、
あっという間。

 

 

今思い返しても、
とにかく怖かったです。

 

死者 行方不明者
 

翌日に車の点検をしてみると、
バンパーが外れ、
水圧でナンバープレートがくの字に曲がり、
フォグランプが全部切れてしまっていました。

 

 

ナンバープレートが曲がる程の
水圧の恐怖は今でも忘れる事はありません。

 

 

忘れてはいけないです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪