AX

Girls data » 天気・災害 » 暴風警報が出たら注意することや対策は?

暴風警報が出たら注意することや対策は?

 ← SARIはいま何位?

暴風警報 注意すること 対策

暴風警報は強風によって
重大な災害が起こる恐れが
出た場合に
気象庁から発表される警報です。

 



スポンサードリンク

この警報よりも危険な場合は特別警報、
警報よりも下に位置するのが注意報となります。

 

 

暴風警報は屋根の瓦や木が倒されるほどの強風です。

 

 

気象庁ではこうした暴風などの気象現象が
発生することを予想し、
基本的に3時間前から6時間前に発表します。

 

 

夜間や早朝に警報が出される場合には、
住民の避難や対応に支障が出ることを考慮します。

 

 

夕方から夜にかけて発表される注意報に加えて、
明け方までに警報に切り替わる可能性があると
呼びかけをしています。

 

 

では暴風注意報が出たときに
私たちは何に注意すればよいのでしょうか。

 

 

ニュースや気象情報などでは、
市町村ごとに分割して発表されますので
自分の地域、および周辺の警報を確認してください。

 

 

外出はなるべく避け、
安全な屋内にいることが一番の安全策です。

 

 

もし外出しているのなら、
公共交通機関が停止してしまう可能性があるので
早めに帰宅しましょう。

 

 

よく台風などで交通機関がマヒしてしまって
駅の階段で大勢の人が困っているのを見ますよね。

 

暴風の時の飛来物への対策

暴風 飛来物 対策
 

そして何より危ないのが飛来物です。

 

 

暴風のみの場合は、
看板や木の枝など思いもよらないものが
突然飛んでくることがあるので十分に注意しましょう。

 

 

雨が降っている場合は、普段傘をさしていると思いますが
この状況では暴風によってその傘が飛ばされてしまったら
先がとがっているのでさらに危険です。

 

 

ですからこういった時には傘は使わずに
レインコートなどで外出するようにしましょう。

 

 

次に家にいる場合ですが、
ベランダに置いてある植物やガーデニング用品など
飛ばされてしまう可能性のあるものは
なるべく安全な場所に移動させましょう。

 

 

飛来物によって窓ガラスが割れてしまう可能性があるので
雨戸を閉めて、
カーテンをしっかり引いておくことも大切です。

 

 

カーテンを引いておくことで、
もし万が一窓ガラスが割れ、強風によって家の中に
ガラスが飛んできてもカーテンが受け止めてくれるので
ケガを予防できます。

 

 

私の場合、警報が出た翌朝に庭にあった植木鉢や
植物がことごとく全てなぎ倒されて
土が出てしまいました。

 

 

それ以降は気を付けるようにしています。

 

暴風警報が出たら停電にも注意

75d948a23966aebd9e1ab9075b991ee4_s
 

暴風警報が出た場合、

停電や断水の可能性にも注意しましょう。

 

 

懐中電灯やラジオなど
防災対策をしておくとより安心できます。

 

 

暴風警報は地域によって多少異なりますが、
風速20メートル前後で出されます。

 

 

そういった場合、海岸沿いでは
波浪警報や高潮警報が同時に発表される事が多いです。

 

 

なので海岸に近づくことはやめましょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪