AX

Girls data » 睡眠 » 寝苦しい夜の暑さ対策

寝苦しい夜の暑さ対策

 ← SARIはいま何位?

寝苦しい夜 対策

最近、
熱帯夜が続いて
とっても寝苦しいですよね。

 



スポンサードリンク


 

クーラーを付けていれば涼しいけど、
一晩中付けていると喉が痛くなりそうだし
電気代も怖い!

 

 

クーラーに頼らずに
熱帯夜にどうしたら快眠できるのか、
おすすめの方法をいくつかご紹介します!

 

 

熱帯夜を快適に寝る方法

 

・頭を冷やす。

 

 

頭の熱が取れることによって
快眠度合いはかなり変わってくるので、
冷却シートや氷枕などで
頭部の熱を取りましょう。

 

 

熱帯夜の日は首のしたや脇の下を冷やすと、
体の温度を下げやすくなるので
そこも重点的に冷やすといいですね。

 

 

あと、
脚には布団をかけないようにしましょう。

脚が熱く感じると
体も熱く感じてしまうので、
脚は布団やブランケットから出して、
お腹は冷やさないように注意してくださいね。

 

 

・寝具の素材を見直してみましょう。

 

 

サテンや吸収性のない素材のものを
使っていると、熱帯夜で汗をかいても
寝具が吸収してくれないので、
ベタベタして快眠できません。

 

 

コットン性のものに変えれば
汗を吸収してくれるので、
さらっと快適です。

 

 

ついでにまくらも見直しましょう。

 

 

ラテックスピロー(ゴム製高反発)は
かなり熱くなるので、
熱帯夜の日には向きません。

 

 

涼感素材を使用した枕やシーツがあるので、
そういったものに寝具を変えると、
快眠度合いはぐっと上がるはずですよ!

 

 

・部屋の通気性を良くしましょう。

 

 

窓と寝室のドアを開けて、
風が通るようにすると
熱帯夜も涼しくなります。

 

 

ただ、
窓が大通りに面していたり
うるさい場所に住んでいる場合は
快眠の妨げになるので避けましょう!

 

 

・扇風機を利用しましょう。

 

 

今は高性能でびっくりする値段の扇風機が
たくさん出ていますが、
安いものでも十分です。

 

熱帯夜 快適に寝る方法
 

空気自体は冷たくなくても
風の動きを感じるだけで
熱帯夜の辛さはかなり軽減され
快眠に近づくでしょう。

 

 

小さいお子様のいる家庭では、
お子様の手が触れないように注意しましょう。

 

 

・寝る前に冷水シャワーを浴びましょう。

 

 

かなり原始的ではありますが、
快眠にとても効果があります。

 

 

ベッドに向かう前に
冷水シャワーを浴びれば
ベトベト感が無くなるので
寝付きやすくなる上に、
快眠を持続しやすくなります。

 

 

・水分補給はしっかりしましょう。

 

 

これは寝ている間ではなく、
昼間に気を付けていただきたい事です。

 

 

昼間の暑いときに脱水症状になってしまうと、
寝る頃には頭痛や体の痛みなど、
快眠の妨げとなる症状がでてしまいます。

 

 

昼間水をあまり飲まなかった…という
熱帯夜の日は、せめてカフェインの摂取を
控えましょう。

 

 

カフェインには利尿作用があり、
脱水症状をひきおこしやすくなります。

 

 

熱帯夜でもぐっすり快眠

 

以上のポイントを抑えれば、
寝苦しい熱帯夜でもぐっすり快眠できますよ!

 

熱帯夜 快眠

 

夏はまだ続きますが、
頑張って乗り切りましょう!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪