AX

Girls data » 仮想通貨 » “ビットコイン”とは?【その生い立ちに迫る!】

“ビットコイン”とは?【その生い立ちに迫る!】

 ← SARIはいま何位?

ビットコイン とは 生い立ち

「仮想通貨」と聞いて、

真っ先に浮かぶ名前は、

Bitcoin(ビットコイン)かと思います。
 
 


スポンサードリンク
 
特に最近では、

CMやニュースなどで

その名前を聞いた事がある方も多いでしょう。
 
 

ビットコイン生みの親“サトシ・ナカモト”って誰?

 
 
しかし、

どういった経緯でこのBitcoin(ビットコイン)は

誕生したのでしょうか。
 
 
Bitcoin(以下、ビットコイン)の

誕生は意外と古く、2008年だそうです。
 
 
そのキッカケとなったのは、

“サトシ・ナカモト”という人物が

書いたわずか数ページの論文であるとのこと。
 
 
その論文に興味を示した人達が、コードを作成。

更に、それらを元にして

優秀なプログラマー達が開発に成功しました。
 
サトシ・ナカモト 誰
 
 
それが、現在の形の元となっています。
 
 
しかし、

この“サトシ・ナカモト”という人物が

どういう方なのか、誰も知らないと言われています。
 
サトシ・ナカモト 誰
 
一見、日本人のような名前ですが、

本当に日本人なのか?

性別はどちらか?
 
 
なぜ、あのような論文を書いたのか、

誰にも分かりません。
 
 
そして、なぜ名乗り出ないのか。

その理由はもちろんご本人にしか分かりませんが、

かなり謎めいた話です。
 
 

ビットコインで買い物できるの?

 
 
ビットコインの初めての取り引きは、

2010年5月22日のことです。
 
 
フロリダのあるプログラマーの

「ビットコインでピザを注文したい」という

冗談のような提案から始まりました。
 
 
その事をビットコインの

開発者のフォーラムに投稿したのだそうです。
 
ビットコイン 買い物 
 
ピザ屋さんもノリが良かったのか、

その唐突な注文を了承したそうです。
 
 
そして、ピザ一枚が一万BTCという

ビットコインで初めての取り引きが成立しました。
 
 
今では、この記念すべき5月22日は

『ビットコイン・ピザ・ディ』

とされているそうです。
 
 

ビットコインにもあった!不正事件!

 
 
全てが順調と思われたビットコインですが、

2014年には大きなトラブルがありました。
 
 
この事は連日報道されていたので、

記憶に新しい方もいるのではないかと思います。
 
 
当時、世界最大の取引所であったマウントゴックスに、

ハッカーが侵入し、

28億円ものビットコインが失われてしまったのです。
 
ビットコイン 不正 事件
 
経営難となったマウントゴックスに批判が集中し、

ビットコインに対する人々の信用は

ガタ落ちとなりました。
 
 
皆さんの中には、

ビットコインに対する危機感を

抱いた方もおられるかと思います。
 
ビットコイン 不正 事件
 
現在、サービスやセキュリティは格段と良くなり、

人々の信頼を取り戻しつつありますが、

100%安心という訳ではないという事は確かです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
俺のリップル投資 仮想通貨&海外取引所
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪