AX

Girls data » 保険 » 生命保険 » 個人年金保険の上手な受け取り方【個人年金の種類について】

個人年金保険の上手な受け取り方【個人年金の種類について】

 ← SARIはいま何位?

個人年金保険 受け取り方

「個人年金保険」とは、
保険料の積み立てによって

将来的に年金を受け取れる
というものです。

 



スポンサードリンク


 

受け取り方は、3種類あります。

 

 

「終身年金」
「確定年金」
「有期年金」です。

 

 

個人年金保険【終身年金とは?】

 

「終身年金」の場合、
<生きている限り、年金を受け取ることが可能>
という点がポイントになります。

 

個人年金保険 終身年金
 

そうです、公的年金と同じです。

 

 

一生受け取れるという面で安心です。
しかし、一方で、
亡くなるとそれ以降は給付されません。

 

 

早いうちに亡くなってしまった場合、
受け取った額が支払った額より少なくなります。
結果として元本割れや、返戻率が低い。

 

 

といったデメリットが生じる可能性もあります。
受け取り期間は、一生ということもあって、
保険料もお高めになります...。

 

 

個人年金保険【確定年金とは?】

 

「確定年金」の場合、
<あらかじめ決められた期間だけ
年金を受け取ることが可能>
という点がポイントになります。

 

個人年金保険 確定年金
 

5年・10年・15年という期間が多いようです。

 

 

この期間中に、本人が亡くなってしまったとしても、
期間中は【必ず】給付されます。
(この場合、年金は遺族が受け取ることになります)

 

 

掛け捨てにはならず、原則として元本割れになりません。

 

 

受け取り期間が一定という部分では、まあまあです。

 

 

保険料もいたって普通で、
元本割れがないのはイイですね。

 

 

有期年金とは?【確定年金との違い】

 

「有期年金」の場合、
「確定年金」の
<決められた期間だけ年金が受け取れる>
というところは同じです。

 

有期年金 確定年金 違い
 

「確定年金」と違う点は「終身年金」の
<本人が亡くなってしまうとそれ以降は支給されない>
というところで、本人しか年金は受け取れません。

 

 

つまりは、ウィークポイントとなる部分を
持っているのが特徴として挙げられます。

 

 

その分、保険料は、
「終身年金」「確定年金」よりも安くなっています。

 

 

(保険料の安さがウリ?)
では、どの受け取り形式がイイのでしょうか?

 

 

一概にこの受け取り方がイイとは言えません。

 

 

大切なのは、個人年金保険の特性を理解することです。

 

 

自分に合った保険を選択しましょう。

 

 

老後資金の必要額を知り不安のない老後生活を

 

ざっくりと言うならば、
「安定して将来の年金を受取りたいな...」
というのであれば<確定年金>を。

 

 

「将来の長生きできるかな...不安だな...」
と長生きへのリスクを考えているのであれば
<終身年金>を。

 

 

「多少のリスクは構わない!保険料の安さ重視!」
というのであれば<有期年金>をおススメします。

 

老後資金 必要額
 

個人年金保険は、公的年金だけでは老後が不安
という人のためにあります。

 

 

<長生きするリスク>

 

 

つまりは、
「収入はなくなったのに、生活費はかかる...」
といったリスクに備えるものなのです。

 

 

個人年金保険をしっかりと理解しましょう。

 

 

老後資金を今のうちからつくっておけば、
有意義な老後生活が送れるようになるでしょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】

まだデータがありません。

話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪