AX

Girls data » 保険 » 自動車保険は難しい?補償の種類を3つに分けて理解

自動車保険は難しい?補償の種類を3つに分けて理解

 ← SARIはいま何位?

自動車保険 難しい

自動車を運行するのに

何かあった時のために
自動車保険には

加入しておきたいところです。

 



スポンサードリンク


 

ただ、自動車保険の補償内容について、
どのようなものなのかがわからないという人も
少なくありません。

 

 

ここでは、自動車保険を理解する方法を
ひとつ書いていきます。

 

 

結論からいうと、
自動車保険を大きくとらえることが
理解への早道なのです。

 

 

どういうことかといいますと、自動車保険の
補償の種類は大きく分けて3つありまして、その3つを
押さえておくとわかりやすいということです。

 

 

では、3つの補償とはどのようなものなのでしょうか。

 

 

車で人をはねる、物を損壊する等の賠償責任補償

 

まず、賠償責任補償です。

 

 

これは、自動車の運行中、

他人をはねて死傷させてしまった場合。

 

 

そして、自動車などの

他人の物に接触して損壊させてしまった場合

損害賠償を補償してくれるものです。

 

車 人 はねる
 

この補償では、他人を死傷させてしまった場合の
対人賠償補償と、他人の物を損壊させてしまった場合の
対物賠償補償の2つがあります。

 

 

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いは?

 

次に、傷害補償です。

 

 

これは、自分の自動車に乗っていた人が事故によって

死傷してしまった場合に補償してくれるものです。

 

 

この補償は、
補償の仕方によって2つのものがあります。

 

 

ひとつは、予め設定した保険金額を上限に、
実際に生じた損害額を補償する
人身傷害補償というものです。

 

人身傷害保険 搭乗者傷害保険 違い
 

もうひとつは死亡した時は500万円、
入院1日10000円というように定額で補償する
搭乗者傷害補償というものです。

 

 

車両保険、自損事故と当て逃げは対象外のタイプも

 

最後に、車両補償があります。

 

 

これは、自分の自動車を損壊してしまった場合、
それを修理するための補償です。

 

車両保険 自損事故 当て逃げ
 

この補償のタイプは2つあります。

 

 

1つは、相手車との接触や自損事故、
当て逃げなどすべての場合において補償する
一般条件車両補償です。

 

 

もうひとつは、相手車との接触によるものは
補償の対象になりますが、自損事故や当て逃げは
補償の対象外とする、エコノミー車両補償があります。

 

 

エコノミー車両補償は、補償の範囲は狭くなりますが、
それだけ保険料が安くなるので、
保険料を抑えたい人に向いたものとなっています。

 

 

以上の3つの補償について書いていきましたが、
自動車保険は、この大きな3つの補償から
成り立っているということを理解すると、

 

 

自分が必要な補償の組み立てがしやすくなります。

 

 

ちなみに、自動車保険にはいろいろと特約がありますが、

弁護士費用補償特約や、対物超過修理費用補償特約の
2つを押さえておくとより良いといえます。

 

 

なお、保険会社によって
自動車保険の商品の内容が異なってきますので、

 

 

詳しいことについては、
信頼できる保険代理店に相談するといいでしょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】

まだデータがありません。

話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪