AX

Girls data » 保険 » 交通事故の慰謝料計算

交通事故の慰謝料計算

 ← SARIはいま何位?

交通事故 慰謝料 計算

交通事故の慰謝料の計算方法は、
弁護士基準を用いると、
金額が上がります。
 



スポンサードリンク

 

基準が三つあります!
 

実は、交通事故の慰謝料などを計算する際には、
「自賠責基準」、「任意保険基準」、「弁護士基準」
と呼ばれる三つの基準があります。
 

「自賠責基準」とは、
 

 最低限の交通事故の損害賠償に備えるため、
 法律で加入が義務付けられている
 自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の基準です。
 

 死亡・傷害時など、補償上限が決まっていて、
 対人賠償のみ補償されます。
 

「任意保険基準」
 

 自賠責保険に、
上乗せする形で契約する任意保険の基準です。
 

 自賠責保険で補償される上限を超えた場合や
対物賠償に備えて、加入します。
 

慰謝料の弁護士基準

 

慰謝料 弁護士基準  

「弁護士基準」
 

 過去の裁判事例などを参考にした、
別名【裁判基準】とも呼ばれる基準です。
 

 三つの基準の中では、
金額が一番高くなると言えます。
 

だったら、最初から弁護士基準でいけないの?
 

誰もがそう考えますが、
世の中そう甘くはありません。
 

弁護士基準は、別名裁判基準とも言いまして、
裁判を行って出た結果を基にしています。
 

裁判は、水物と言ってもよく、
吉と出るか凶と出るかは、
やってみないと分かりません。
 

弁護士基準は、その水物である裁判を経て、
勝ち取った結果の集積です。
 

裁判をやらないで、話し合いで解決する示談交渉に、
いきなり持ち込んでも、なじまないと言ってもよく、
話は難航するばかりでしょう。
 

裁判と言うものは、非常に時間と費用がかかります。
 

言ってみれば、それと引き換えに、
示談の場合より高い金額・よい条件を
勝ち取っていると言えます。
 

従って、相手にしてみれば、裁判もやらないのに、
条件面だけ裁判結果なみを求めるのは、
虫が良すぎるとも取られるわけです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪