AX

Girls data » ガーデニング・園芸 » ジャーマンアイリス、植え替え時期に要注意‼︎【栽培のコツ】

ジャーマンアイリス、植え替え時期に要注意‼︎【栽培のコツ】

 ← SARIはいま何位?

ジャーマンアイリス 植え替え時期

ジャーマンアイリスとは。

 



スポンサードリンク

ヨーロッパから中近東に分布する

様々なアヤメ類が、かけ合わさってできた
園芸品種です。

 

ニング・庭・エクステリア用品ショップ ガーデンアート増樹
 

咲き終わったら、花茎の付け根からカット

 

①日常の手入れ

 

 

花が枯れてきたら、
花がらをこまめに摘み取って下さい。

 

 

花が一通り咲き終わったら、それ以上その花茎から
花を付けることはありませんので、
花茎の根元から切り落とします。

 

ニング・庭・エクステリア用品ショップ ガーデンアート増樹
花茎の付け根
 

そのまま花がら、花茎をつけたままにしておくと
タネができてしまい、栄養がとられて
株全体が消耗してしまいます。

 

 

日当たりの良い場所を好む植物

 

②日当たり、置き場所

 

 

ジャーマンアイリスは、
日当たりの良い場所を好みますので、
よく日の当たる場所で育てて下さい。

 

ニング・庭・エクステリア用品ショップ ガーデンアート増樹
日当たりの良い 植物
 

乾燥気味の土壌を好みます。

 

 

鉢植えは、雨の当たらない場所で育てて下さい。

 

 

肥料と共に骨粉を与える【成分にリン酸分が多い物】 

 

③水やり、肥料

 

 

ジャーマンアイリスは、乾燥気味を好む植物ですので、
鉢植えの場合は土の表面が乾いてから
たっぷりと水を与えて下さい。

 

ニング・庭・エクステリア用品ショップ ガーデンアート増樹
肥料 骨粉 成分
 

庭植えにしているものは、
極端に乾燥する時を除いて、
水を与えなくてもよくそだちます。

 

 

逆に加湿で腐らせないように注意しましょう。

 

 

肥料は3月と6月に
ゆっくりと効くタイプの化成肥料と
骨粉を株元にあたえます。

 

 

その際注意したいのは、窒素分の多い肥料を与えると、

葉がひょろひょろに茂って病気にかかりやすい株になる、
ということです。

 

 

全く窒素がゼロではいけないのですが、
できればリン酸分の多い肥料を選んで
与えましょう。

 

 

ちなみに骨粉を同時に与えるのは
リン酸分が多く含まれているからです。

 

ニング・庭・エクステリア用品ショップ ガーデンアート増樹
 

酸性の土を中和するには石灰を混ぜる【弱アルカリ性に】

 

④用土

 

 

ジャーマンアイリスは
水はけが良くて有機質の土を好みます。

 

ニング・庭・エクステリア用品ショップ ガーデンアート増樹
酸性 中和 石灰
 

赤玉土(小粒)5:腐葉土5の割合で
混ぜた土を使用します。

 

 

水はけの余り良くない土に植えつけるときは、
土を山だがに盛ってその上に植えつける
「高うね植え」が適しています。

 

 

土を山だがにすることによって
水が溜まりにくくなり、水はけがよくなります。

 

 

弱アルカリ性の土を好むので、
植える場所には、数日前に石灰を混ぜ込んで
酸性を中和しておきます。

 

 

高温多湿を避けて植え替えを【腐敗病を防ぐ】

 

⑤植え替え、植え付け

 

 

地植えは3〜4年に1回、
株分けも兼ねて植え替えを行います。

 

ニング・庭・エクステリア用品ショップ ガーデンアート増樹
高温多湿を避けて
 

植えっぱなしでも良く育ちます。

 

 

しかし長期間同じ場所で育てていると、
根茎が重なり合い過密になって枯れ込んだり
腐ることがあります。

 

 

植え替えは秋が適期ですが、
花後すぐでも可能です。

 

 

高温多湿の時期に行うと、腐敗病にかかりやすいので
絶対に植え替えなど
根や茎を痛める作業をしてはいけません。

 

ニング・庭・エクステリア用品ショップ ガーデンアート増樹
 

株分けは植え替えと同時期に

 

⑥増やし方

 

 

ジャーマンアイリスは
株分けで増やすことができます。

 

 

株分けは、植え替えと同時期に行います。

 

 

ひとつの株は芽が1〜3個付くように
良く切れるナイフで切り分けます。

 

ニング・庭・エクステリア用品ショップ ガーデンアート増樹
株分け 時期
 

その際、葉も半分くらいに
バッサリときりつめましょう。

 

 

葉を切りつめるのは、
葉から余分な水分が蒸発するのを防ぎ、
根がつきやすくするためです。

 

 

⑦まとめ

 

 

・高温多湿時期に植え替えや株分けなどの作業はしない。

 

 

・アルカリ土壌で良く育つので、石灰を土に混ぜ込む。

 

 

・乾燥気味を好むため、鉢植えの水のやり過ぎに注意する。

 

ニング・庭・エクステリア用品ショップ ガーデンアート増樹


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪