AX

Girls data » グルメ・ドリンク » 山菜 » 食感を楽しむ山菜「こごみ」の食べ方~レシピいろいろ簡単調理

食感を楽しむ山菜「こごみ」の食べ方~レシピいろいろ簡単調理

 ← SARIはいま何位?

山菜 レシピ こごみ

こごみは
日本各地に自生する
シダ植物の一種です。

 



スポンサードリンク


 

クサソテツ」の若芽で、
古くから山菜として親しまれてきました。

 

 

ぜんまいと同じように
丸い渦巻状になっているのが特徴で、
5月から6月にかけて採取されます。

 

 

陽当たりの良い開けた斜面や道端などに群生している
ため、山菜摘みでは「見つけやすく採取しやすい山菜
として人気があります。

 

 

近年では食用の山菜として促成栽培もされるようになり、
スーパーなどの野菜売り場でも
目にする機会が多くなりました。

 

 

また、一般のソテツと同じように、
観葉植物として鉢植えや庭木にされることが
多い植物です。

 

 

簡単!こごみの天ぷらならアク抜きの下処理がいりません

 

山菜の中でもアクの少ないこごみは、
アク抜きなどの下処理の必要がありません。

 

こごみ 天ぷら あく抜き
 

調理が簡単な山菜として重宝され、
様々な調理法とメニューで楽しむことができます。

 

 

よく水洗いをして水気を取り除けば、
そのまま衣をつけて天ぷらにできます。

 

 

こごみの茹で方とコツ~茹で加減は食感優先で

 

また、食べやすい大きさに切って熱湯に入れれば、
そのまま御味噌汁の具としても使えます。

 

こごみ 茹で方
 

適度に茹でればお浸しサラダとして食べることができ、
山菜そばの具材としても使えます。

 

 

ただ、香りや味そのものを楽しむというより
「食感」を楽しむ山菜なので、
こごみを茹でる場合は「茹で加減」が肝心です。

 

 

火の通りが弱いと堅くて美味しくなく、
茹で過ぎてしまうとせっかくの食感が
損なわれてしまいます。

 

 

何度か噛んでみて火の通り具合を確認し、
適度な歯ごたえに茹で上がったら
素早く冷水に浸すのがコツです。

 

 

こごみの簡単レシピ~胡麻和えアレンジで一工夫

 

食感さえ活かせばどんな料理でも
美味しくいただけますが、
こごみ料理で最もお勧めしたいのが「胡麻和え」です。

 

こごみ レシピ 胡麻和え
 

様々なメニューに挑戦してきましたが、
この食べ方が一番適していると感じました。

 

 

胡麻の香りとこごみの歯ごたえがとてもよく合い、
ビールや日本酒、焼酎などにピッタリの肴になります。

 

 

調理法はとても簡単で、
適度に茹でたこごみと胡麻ダレを和えるだけです。

 

 

手間がかかるとしたら胡麻ダレ作りですが、
すり胡麻や練り胡麻を使えば時短料理になります。

 

 

また、市販の胡麻ダレや胡麻ドレッシングを
代用するのも簡単おすすめレシピになります。

 

 

ただ和えるだけでも十分に美味しいのですが、
ひと手間加えることでさらに美味しくいただけます。

 

 

隠し味に味噌やマヨネーズを加えると、
お酒の肴としてはもちろん、
ご飯にもよく合う一品になります。

 

 

タカの爪と胡麻油を少々加えれば、
中華風のピリ辛胡麻和えにもなります。

 

 

よく水気を切っておけば冷蔵庫で保存できます。

 

 

1日目は生姜醤油でお浸し、2日目は即席の胡麻和え、
3日目はピリ辛中華胡麻和え
といった楽しみ方もできます。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】

まだデータがありません。

話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪