AX

Girls data » グルメ・ドリンク » 食用ウニの種類は?

食用ウニの種類は?

 ← SARIはいま何位?

食用 ウニ 種類

昨今、ウニは一年中食べられる食材として
当たり前になりつつあります。
 

 
食材宅配
 



スポンサードリンク

 

このウニは日本において古来よりガゼと呼ばれ、
縄文時代の貝塚からも殻が見つかっている程
古くから日常的に食していたと言えます。
 

Kitオイシックス  

ウニ 北海道 生息  

若狭国の貢納品としても
記録が残っている程です。
 

馬糞海胆、バフンウニを取り挙げます。
 

バフンウニの名前は動物である馬の糞の馬糞に、
このバフンウニは形が似ているとい事で
命名されています。
 

日本においては既に食材として有名ですが、
様々な種類のウニが存在しています。
 

数あるウニの中でもバフンウニは
大きさはが特徴的です。
 

中型のウニでもありますが、一般的に
他のウニと比べても成長した状態が
特段に小さな体長です。
 

一属一種であるため
他のウニ類との識別が困難な場合もあります。
 

身が小さく食べられる量も
1個2g程度なのですが、
とても貴重な食材として知られいています。
 

特に産卵期は1月から4月が時期で、
昆布やカジメ、海藻類、動物の死骸等を
かじとるように食べます。
 

じっくり1年から2年かけて成熟し、
食用として食卓にあがります。
 

雑食性の生き物として生息しているので
最近では可愛いペットしても人気です。
 

ウニは北海道以外にも生息している!

 

またバフンウニは水深20m程の
浅い海で生息しています。
 

北は北海道から南は九州、中国中南部沿岸、
さらに朝鮮半島の海にまで
比較的色々な場所に生息しています。
 

津軽海峡西部沿岸では、えぐ味が強くて
食用にせず、漁獲利用されていません。
 

最近では輸入の割合も増え、
全国で食べられるようになっています。
 

また福井県は伝統的にウニを利用する事で
有名で、塩を用いて保存食を作る風習があります。
 

特別新鮮な生うには通常通り利用しますが、
越前ウニと呼ばれ
天下の三珍の産地として人気です。
 

またそれぞれの産卵期ですが
ウニの種類は日本海だけでも
180種類程が知られています。
 

食用のウニの産卵期はいつ?

 

特に食用とされている主なウニは
4種が有名です。
 

Kitオイシックス  

食用 ウニ 産卵期  

ムサキウニは産卵期は5月から8月、
キタムラウニでは産卵期は9月から10月。
 

バフンウニの産卵期は冬から春にかけてで、
その最盛期は3月から4月です。
比較的濃厚で甘みが強いのが特徴です。
 

エゾバフンウニは産卵期は9月から10月で、
こちらも濃厚で甘みが強いのは特徴です。
 

バフンウニとエゾバフンウニは
旬が違うので季節によって区別されます。
 

暖かい生息地のバフンウニとエゾバフンウニは
寒冷地域に限定されています。
 

これらを踏まえて
春には旬であるウニの中でも
バフンウニに特化しています。
 

それぞれの季節や地域も考慮して
堪能することをおすすめします。
 
食材宅配


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪