AX

Girls data » グルメ・ドリンク » 秋ならではのおいしい食べ物といったらコレ!【さんま・米】

秋ならではのおいしい食べ物といったらコレ!【さんま・米】

 ← SARIはいま何位?

秋 おいしい食べ物

秋といえば食欲の秋。

 



スポンサードリンク


 

夏の暑さがやわらぎ、春から夏にかけて種をまき、
苗を植えたものが収穫される実りの季節でもあるので、
特に食事がおいしく感じます。

 

 

特に、日本伝統の米・栗・松茸・さんまなどなどは、
今では一部で高級食材となっていますが、やはり、
待ち遠しいことこの上なしです。

 

 

目黒のさんま祭り、気仙沼産を無料配布!

 

さんまは、気仙沼が有名です。

 

 

そして、都内では
目黒のさんま祭りが古くから盛況です。

 

目黒 さんま祭り 気仙沼
 

目黒のさんまも、仙台から無償で
提供してもらっていて、大震災の直後は、
日本中が、東北の港を心配したものでした。

 

 

さんまが産卵のために南下してくる場所で、
ちょうどえさ場となる入り組んだ海岸(リアス海岸)が、
岩手から仙台にかけての太平洋沿いには豊富です。

 

 

だから日本国内での、
東北は屈指のさんまの水揚げをほこります。

 

 

さんまに大根おろし、ポン酢orしょうゆが最強⁈

 

さんまの調理方法は近年多種多様で、マリネのような
洋風のアレンジも人気ですし、フライなど
ディップな料理としてもおいしくいただけます。

 

 

しかし、やはり最もおいしい調理方法は、
焼くことでしょう。

 

さんま 大根おろし ポン酢
 

昔は七輪や火鉢のようなもので、じんわり焼いていた
というから、想像しただけでも、
いい匂い・触感によだれが出そうです。

 

 

さんまに大根おろし、しょうゆを垂らして、
食べるときは、白いご飯が何杯でもいけますね。

 

 

炊き込みご飯はもち米も加えて。水加減がポイント

 

また、ご飯といえば、
秋の味覚のひとつでもあります。

 

 

栗ご飯、まつたけごはん、そのほか
山菜の炊きこみご飯は、秋の味覚です。

 

炊き込み もち米 水加減
 

特に私が、秋の炊き込みご飯でお勧めしたい作り方は、
具材もさることながら、お米を白米だけでなく、
もち米を入れることです。

 

 

だんだん乾燥がちな季節になってきますので、
お米の水の分量も考えてらっしゃると思います。

 

 

だしや具材のエキスがにじみ出るので、それを吸う
コメは、もちもちのもち米がベストなのです。

 

 

調味料の分、気持ち水を減らせば、
おいしく炊き上がりますよ。

 

 

土鍋でご飯が一番おいしい‼︎炊き方も簡単

 

秋の炊き込みご飯のいいところは、やはり、香りです!

 

 

松茸、栗、山菜などは香りが重要なので、
じっくり炊いて、よく蒸してから食べるのが一番です。

 

 

土鍋で炊くご飯もまた一味違い、
なかなかおいしいです。

 

土鍋 ご飯 炊き方 簡単
 

炊飯器より難しいかなと
感じている人もいらっしゃると思いますが、弱い火で
じっくり炊けば、驚くほど上手に仕上がります。

 

 

最後にデザートとして、大学芋にも触れましょう。

 

 

大学芋は、さつまいもとはちみつなどで簡単に作れます。

 

 

佃煮を作るような要領ですが、くっつきがちなので、
オーブンなどで並べて作ると、少量ずつですが、
おいしく作ることができますよ。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪