AX

Girls data » グルメ・ドリンク » 桜餅は関東と関西で違うの?

桜餅は関東と関西で違うの?

 ← SARIはいま何位?

桜餅 関東 関西

桜餅とは、桜にちなんだ和菓子で有名です。
 

食材宅配  



スポンサードリンク

餅を葉で包んだ和菓子の一つで、
桜の葉を塩漬けした
香り豊かな食べ物として存在しています。

 
和菓子とはもともと京都で産まれて
江戸へ下ったと言われています。

 
この桜餅については新たに江戸で産み出され
町人によって広まり、関東の桜餅の別名は
長寿寺餅と言われています。

 
全国的にはこちらの方が有名でが、
関西で作られている桜餅の別名は
道明寺餅です。

 
共に桜餅として人気で
春の食べ物としても有名です。

 
またそれぞれ形や素材、歴史等に違いが
ありますが、春の季語でもあり
雛菓子としても重要です。

 

関西の桜餅は道明寺粉を使う

 

道明寺については関西にあります。

 
Kitオイシックス
 
関西 桜餅 道明寺
 
関西の桜餅とは
道明寺粉を使用して
桜の葉を包むスタイルです。

 
京都の茶店や和菓子店でよく見られ、
京風桜餅とも呼ばれています。

 
伝統で典型的なものの一つとして
材料の道明寺粉が
由来になったと言われています。

 

向島の長命寺が関東の桜餅の始まり

 

長命寺の桜餅については
歴史的に当時、東京墨田川の向島に
 

長命寺というお寺が存在しています。

 
西暦1717年に寺の門番をしていた山本新六
という人物が、山本屋を創業して、この桜餅を
売り出したのが始まりと言われています。

 
Kitオイシックス
 

向島 長命寺 桜餅
 
山本新六は1691年から
長命寺で門番をしています。

 
1717年に墨田川沿いに桜木の植栽が行われ、
これを機に花見が増え、発展していた事で
桜餅を売っていたそうです。

 
出現の記録として
1683年の貸し目録に書かれています。

 
また、桜餅の葉についても
山本新六が門番の時に桜の季節に
落ち葉の掃除していて思いつきます。

 
落ち葉の桜の葉を塩漬けにして
利用することを。

 
現代ではリサイクルとも言えますが、
当時でも大変盛況だったと
記録にも載っています。

 
当時の桜餅を現在の価格にすると
推定約63円、
大工の賃金を換算すると約322円です。

 
江戸は、世界一の人口都市と
言われています。

 
桜の葉が約2万5千枚が入る樽を
山本屋は総数31樽の77万5千枚、
消費していたそうです。
 

桜餅の葉は食べる?

 

現代では
西伊豆産のオオシマザクラの葉を
使用しています。

 
Kitオイシックス
 
桜餅 葉 食べる
 
全国の桜餅の7割が
オオシマザクラと言うことです。

 
長命寺の桜餅は
川端康成も当時お茶会等に好んで
食べていたそうです。

 
また桜の葉は関東では大きめ、
近畿では小さめの葉を好んで
使用する傾向があるそうです。

 
ところで、大半の人は桜餅の葉を
食べる事のほうが多いかと思います。

 
しかし、若干の人たちについては
食さない事も特徴です。

 
現在、お店の方によると、
バナナの皮をむくように取って
食べることが理想ということです。

 
食材宅配


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪