AX

Girls data » グルメ・ドリンク » ビタミンCを多く含む春キャベツ

ビタミンCを多く含む春キャベツ

 ← SARIはいま何位?

ビタミンC 多い キャベツ 

春になると楽しみになるのが筍、
いちご、菜の花、アスパラガス、
新玉ねぎ、ふきなどの野菜達です。

 
特に春キャベツは楽しみの1つです。

 
食材宅配  



スポンサードリンク

 
春キャベツの特徴は
形は丸く中心まで黄緑色で
葉のまき具合がゆるやかなこと。

 
ビタミンCを多く含むほか
胃炎回復に効果があるといわれる
ビタミンUが含まれているのも特徴です。

 
ビタミンCは外葉が高く、
中葉になるほど低下して、
芯の中心で再び高まります。

 
この部分は甘くて栄養もある部分なので
捨てずにお味噌汁の具に入れたり
炒めたりして食べると美味しいと思います。

 
家では刻んで他の野菜とまぜて
サラダとして食べることもあります。

 
冬に買うキャベツは
巻きがしっかりしていて
煮込んで煮崩れしにくいです。

 
それに比べて、春キャベツは
食感も瑞々しくて柔らかいです。

 
サラダや漬け物にして食べた方が
美味しいと思います。

 

キャベツの選び方と保存方法

 

春キャベツの良い選び方を紹介します。

 
Kitオイシックス  

キャベツ 選び方 保存
 
冬のキャベツのように固い物ではなく
巻が柔らかで弾力がある物で
外葉が白い物は避けます。

 
根元の切り口が新しい物が良いです。

 
保存方法は、あまり暑くなければ
新聞紙でくるんで冷暗な場所に
置いても大丈夫です。

 
スーパなどのカットしてある物は
新聞紙でくるんで冷蔵庫の
野菜室で保存するのがいいと思います。

 
キャベツは古代ギリシャ、ローマ人も
食したといわれるほど
ポピュラーな野菜です。

 
今でも全世界で栽培され食されています。

 
食用としてのキャベツが
日本に渡って来たのは
江戸時代末期と言われています。

 
初めは横浜や神戸に住む
外国人向けに栽培されていました。

 
明治末から大正にかけて
洋食のトンカツが流行り出します。

 
その付け合わせに
生のキャベツを使う事で普及しました。

 
日本でも春夏秋冬、1年中
出荷されているキャベツですが
その産地は季節によって異なります。

 
春キャベツは花芽がでにくい品種で、
千葉、神奈川、愛知で多く作られます。

 
1年を通してのキャベツ栽培面積は
1位愛知、2位群馬、3位千葉です。

 
季節区分によるキャベツの面積比は
春キャベツ(4~6月)26%、
夏秋キャベツ(7~10月)30%。

 
冬キャベツ(11~3月)44%、
春キャベツが1番少ないです。

 
私は愛知出身なので春になると、
知り合いに頼んで筍堀りと春キャベツの
収穫が楽しみの1つです。

 

春キャベツの千切りレシピ

 

料理の仕方も春キャベツは火を通さず
味噌につけたり、春の野菜と混ぜた
サラダにしたりしてみるといいと思います。

 
Kitオイシックス
 

キャベツ 千切り レシピ
 

私の一番のおすすめレシピは、
野菜生春巻です。

 
キャベツを千切りにして
ミントやバジル、パクチーなどと混ぜて
生春巻きの皮に包みます。

 
お好みのドレッシングにつけて
食べます。

 
色々な味を楽しめるので
是非やってみるといいと思います。

 
食材宅配


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪