AX

Girls data » グルメ・ドリンク » ほうとう鍋 山梨県の郷土料理

ほうとう鍋 山梨県の郷土料理

 ← SARIはいま何位?

ほうとう 鍋 山梨 

山梨県の代表的な冬の味覚、
「ほうとう鍋」。
 

食材宅配  



スポンサードリンク


 
基本は、鍋料理としてみそ仕立てのだし汁に、
お野菜と麺が入ったものとして、
よくご存じだと思います。

 

山梨県のほうとう鍋のおすすめは?

 

Kitオイシックス
 
山梨 ほうとう おすすめ
 
山梨県に行くと、
「ほうとう鍋」専門店が沢山あり、
どこに入ったらいいか迷うほどです。

 
事前に調べて行ったところがあいにく
混んでいて、何時間も待つなんてことは、
シーズン中はしょっちゅうです。

 
しかし、私の経験上、「ほうとう鍋」という
看板を出しているお店は、
まず外れがないと断言できます。

 
なぜなら、ラーメン等と違って、
麺が強力粉を使用しているため
伸びにくいです。

 
材料に特殊なものがないので
味付けの好みだけが
問題になってくるからです。

 
味付けは濃い・薄いなどありますが、
基本だし汁との相性ですから、
大きく外すことがないのです。

 
実際に、
現地に行って初めて入ったところでも、
おいしくなかったところはありません。

 
観光で来ているので
楽しい気分が手伝っているかもしれませんが、
自信をもって言えることです。

 
さて、そんなおいしい冬の味覚
「ほうとう」を、やはりおうちで再現したいと
思うのは、流れ的に自然ですよね。

 
私も家族にリクエストされて、
早速作ることにしました。

 
何回か食べているので、どんなものかは
分かりますが、肝心の麺が
どのようなものなのか、素人には分かりません。

 
従って、
ここでクックパッドが
おたすけになります。

 

ほうとう鍋のレシピ

 

Kitオイシックス
 

ほうとう 鍋 レシピ
 
人気ナンバーワンを探ってみる必要もなく、
麺のレシピはだいたい同じです。

 
つまり、麺の材料は
強力粉と薄力粉と塩と水のみ。

 
これらの割合を加減して合わせ、
ジップロックなどの
ビニール袋に投入します。

 
あとは練るだけ。

 
良く練ったほうがこしがでます。

 
練って放置しておき、その間にだし汁、
鍋のほうを用意します。

 
出汁は、お好みですが、
うちでは具材やみそに合わせて
カツオと煮干しの二番だしにしています。

 
みそ汁と同じと考えればよいのです。

 
味噌が基本的に赤みそなので、
煮干しも入れるわけです。

 
そして、具材ですが、
豚肉、カボチャは欠かせません。

 
これがないと
ただの味噌汁になってしまいます。(笑)

 
そのほかには、
にんじん、大根だけでもかまいませんが、
ゴボウを入れるとよりおいしい出汁がでます。

 
出汁には、
にんじんや大根を先に入れて煮込みます。

 
カボチャはすぐ火がとおり、
煮崩れるので、
最後に入れます。

 
肉も同様で硬くなりますので
後で入れます。

 
すべて煮えたら味噌で
お味を調えてできあがり。

 
冬の晩ご飯、一品料理で完成です。

 
この様に「ほうとう鍋」とは
大人も子供も嫌いな人はいない、
節約料理といえます。

 
ぜひこの冬、お試しください。

 
食材宅配


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪