AX

Girls data » ファッション » 冬に着膨れしないためには?

冬に着膨れしないためには?

 ← SARIはいま何位?

冬 着膨れしない

冬に近づくにつれて、
寒さ対策で重ね着したくなってくるのは、
私だけではないでしょう。


TRAIN ONLINE SHOP



スポンサードリンク



ただ、心配になってくるのは
「着膨れ」です。


かといって、薄着だと寒いし、
ホッカイロをたくさん貼るのもどうかと。


経済的にも、見た目的にも、
そして気持ち的にも何か違う気がします。


冬の防寒にはヒートテック!

そこで、
最近良く耳にするヒートテック


メディカルステイフィット

冬 防寒 ヒートテック

なくなてはならない、
防寒着の一つではないでしょうか。


今では、色やデザイン、
いろんな種類が販売されています。


今年は、リュクスなスタイルが流行している中、
一歩間違えればただのだらしない人。


それに重ね着すれば、さらに野暮ったくなるのも、
目に見えています。


そんなときに必要なのが、
先ほど紹介したヒートテック。


とろみブラウスや、シャツの下に1枚着るだけで、
かさばらずに防寒することができる上、
オシャレも楽しむことができます。


例えば、とろみブラウスの色を白としましょう。


白は、清楚で上品、
且つ大人なイメージがあります。


そして透け感です。


ブラウスやシャツは、いやらしすぎず、
綺麗めのスタイルに仕上げてくれる、
女性にとっては必需品のひとつかもしれません。


そんなシャツの下に、
カラーのヒートテックを入れたり、
ボーダーやドット、柄物を入れるだけでも、
オシャレに着こなすことができます。


綺麗めすぎて抵抗があるという方も、
カジュアルダウンできて良いのではないでしょうか。


耳が痛む風の冷たい日には、
タートルネックのヒートテックもオススメです。


首元を隠すだけでも、全然違いますよね。


ストールのいいところは防寒だけじゃない!

そんなヒートテックにもデメリットがひとつ。


室内で暑いときに、中に着込むと
「脱げない」ということです。


メディカルステイフィット

ストール 防寒

外で着る分にはいいのですが、
室内に入ったとき辛いのです。


そこでオススメなのが、
「大判」のストールです。


メディカルステイフィット

ストール 防寒

マフラーでもなく、ポンチョでもなく、
肩からかけることができる大きめのストール。


今年も、チェックやウィンドウペンチェック、
様々な柄が流行しています。


パンツで柄物は勇気がいる、、、
色のついたものを着るのは抵抗がある、、、
という方にも、


柄の入ったストールだと、
アクセントやワンポイント
そして脱ぎ着できる
防寒アイテムのひとつになるのではないでしょうか。


コートだと荷物になったり、、、
まだそこまで寒くないし、、、
と問題は出てきます。


ストールだと、膝掛けにできたり、
畳んでカバンの中に入れておけたり、
そういう面でも、優秀アイテムです。


肩にかけるだけて暖かく、
オシャレすることができると思うと、
持っていたいものです。


迷わず簡単に今年らしく、着膨れせず、
むしろ肩のラインを隠してくれるから、
着痩せして防寒することができるアイテムです。


TRAIN ONLINE SHOP


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪