AX

Girls data » イベントカレンダー » 結婚式 » 結婚式のアイデア|喜んでもらえるものを

結婚式のアイデア|喜んでもらえるものを

 ← SARIはいま何位?

結婚式 アイデア

私が結婚式を挙げたのは5月の中旬でした。

 

マタニティ婚専門のブライダル相談カウンター_ママ婚



スポンサードリンク


 

閑静な住宅街の中にある式場だったのですが、
場所が気に入ったこともありますが、
他にも決め手となった理由があります。

 

 

見学の際に案内してくれた女性が非常に感じがよく、
何でも相談できそうと思ったのも大きなポイントです。

 

 

さらに話を聞くと、平日は貸切が出来るとのことで、
私たちは平日を選びました。

 

 

実際にどんな結婚式や披露宴だったのか。

 

 

これからその内容についてご紹介しますので、
少しでも皆さんのご参考になればと思います。

 

 

結婚式の時期は雨が少ない4・5月がオススメ!

 

 

まずは結婚式からお話します。

 

 

私たちは、出席者の前で
結婚の誓いと証明書に署名をする人前式にしました。

 

 

入場は、兄の娘さんと手をつないで。

 

 

堅苦しい式にしたくなかったので、
子供たちに協力してもらったことで
場の空気が和みました。

 

 

儀式が終わると、
外に出てフラワーシャワーを行いました。

 

ママ婚
 

結婚式 時期
 

実は、雨の場合は屋内で行う予定でした。

 

 

当日の朝、雨が降っていたのですが、
フラワーシャワーの時間までには上がり、
ほっとしたのを覚えています。

 

 

4・5月だと雨が少ないかなと考え
この時期を選んだのが正解でした。

 

 

結婚式の演出|披露宴でのユニークアイデア

 

 

次は披露宴です。

 

ママ婚
 

結婚式 演出
 

披露宴の食事については、式場見学とは別に
料理の試食会が定期的に開催されていたので、
そこで味などを確かめて選びました。

 

 

出席者がしてくれた余興は、
私の会社の同僚によるものでした。

 

 

アイドルグループの歌を
わざわざ私バージョンの替え歌にして
その場で歌ってくれました。

 

 

男性グループの歌なのに、
なぜか女装という面白い演出でした。

 

 

披露宴中のお色直しは1回。

 

 

妻のリクエストで和装にしました。

 

 

一度きりの結婚式ですので、
洋装・和装、両方のスタイルが着れてよかったです。

 

 

そのお色直しの間の場つなぎが、
以外にも皆さんに喜ばれました。

 

 

一般的には、
出席者が歓談しながら待つことが多いと思いますが、
せっかくなので違うことをしてみました。

 

 

ある外国人の女性が一人で披露宴会場に突入しました。

 

 

その方は、千葉県にある某大人気レジャー施設でも
ショーに参加しているパフォーマーだそうです。

 

 

彼女が歌い始めると、そのうち、
出席者の皆さんも大合唱をはじめたとか。

 

 

さらには、全員が立ち上がって、
輪になって踊ったりしたそうです。

 

 

この演出により、新郎側・新婦側それぞれ、
その日初めて会った方とも交流ができてよかった
との感想を多くいただきました。

 

 

ですので、その効果があってか、
お色直し後の再入場時には披露宴会場全体が
バッチリ温まっていました。

 

 

結婚式の費用削減アイデア|できるところは自分たちで

 

 

最後に、結婚式や披露宴中の音楽ですが、
すべて自分達で選んだものをCDに録音して
会場に持ち込みました。

 

ママ婚
 

結婚式 費用削減
 

式場にお願いもできたそうですが、
その分お金もかかるので自分たちで準備しました。

 

 

他にも、自分たちでできそうなものは
自前にすると費用が抑えられます。

 

 

もちろんその分、時間と手間はかかりますが
それもいい思い出です。

 

 

私たちの結婚式をまとめると、
自分たちの思い出に残るものをというよりも、
来てよかった式にすることを心がけました。

 

 

皆さんの記憶に残る結婚式になっていたら幸いです。

 

マタニティ婚専門のブライダル相談カウンター_ママ婚


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪