AX

Girls data » イベントカレンダー » 月見 » 月の中にうさぎが見える?

月の中にうさぎが見える?

 ← SARIはいま何位?

月 うさぎ

お月見といって
すぐに連想するのは
月見団子・すすき・
うさぎなどでは
ないでしょうか?

 



スポンサードリンク


 

でも、
その由来まで知っている人は
多くないと思います。

 

 

ですから、
改めてお月見の由来や風習について
紹介したいと思います。

 

 

お月見や月見団子の由来は?

 

お月見の始まりは中国で、
元々は里芋の収穫祭だったものが、
宮廷でお月見をする行事になりました。

 

 

そして、
平安時代に日本に入って来たそうです。

 

 

月の満ち欠けで暦を作っていた旧暦では、
7・8・9月が秋です。

 

 

その真ん中の8月15日を中秋と言います。

 

 

その日が年間で最も空が
澄んで月が明るく美しく
見えることからお月見の日に
選ばれたそうです。

 

 

この日の月を
「中秋の名月」「十五夜」と呼びます。

 

 

平安時代宮中では
直接月を見るのでは無く
水面に映る月を、船に乗って愛でたり
歌会を愉しんだりする行事でした。

 

お月見 団子 由来
 

水面に映る月を愛でるなんて、
忙しない現代とは違って
何という優雅さでしょうか!

 

 

その行事が庶民に広がり、
収穫祭だけでなく、
健康や幸福のお祈りとして
今のお月見の形に変化していきました。

 

 

そして、
現在まで風習として伝わってきました。

 

 

お月見の風習はどんなもの?

 

中国では月見団子ではなく
月餅をお供えするそうですが、
日本では、その年の収穫に感謝して
お米の粉で作った満月に見立てた
白くて丸い月見団子を供えます。

 

 

一般的に月見団子の数は
十五夜にちなんで15個供えます。

 

 

月には不思議な力があるといわれており
月に見立てた月見団子をお供えすることで
同じ効果を月見団子に宿すので
必ずお供えした後に食べましょう。

 

お月見 風習
 

一緒に飾るすすきは
月の神様を招く依り代として
供えるのですが、
元々は稲穂を供えていました。

 

 

ですが、
この時期には無いので
代わりにすすきになったそうです。

 

 

すすきには魔除けの力があるとされていて、
地域によってはお月見が終わった後、
家の軒先に吊るしておく風習が
あるそうです。

 

 

今年はお月見をしてみませんか?

 

私が子供の頃は、
近所にすすきが生えている空き地が
沢山ありました。

 

 

ですので、
十五夜の日はよく学校の帰り道に
すすきを取って来てと
親に頼まれた記憶があります。

 

 

月見団子は
スーパーで買ってきたものでしたが
家族で満月を見ながら食べました。

 

 

そうしていると必ず誰かが
「月の中にうさぎは見える?」
と言い出し、何ともほのぼのとしたことが
思い出されます。

 

 

最近は十五夜に月を見ることも、
月見団子を食べることも
すっかり無くなってしまいました。

 

今年 お月見
 

けれども、
たまには平安時代の人々のように、
優雅な気持ちで
月を愛でるのも悪くないと思います。

 

 

ちなみに今の暦では
毎年中秋が変わるので
今年のお月見は9月27日になります。

 

 

綺麗な満月が見えると良いですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪