AX

Girls data » イベントカレンダー » 月見 » お月見の由来と正しい団子の並べ方

お月見の由来と正しい団子の並べ方

 ← SARIはいま何位?

お月見 由来 団子

お月見とは旧暦の8月15日に
月を鑑賞する行事の事を言います。

 

 

これは中国の旧暦に由来するものです。

 



スポンサードリンク


 

日本では旧暦の9月13日にも
お月見をする風習があります。

 

 

お月見は旧暦によるものなので
毎年日にちが変動します。

 

 

今年は旧暦の8月15日が9月27日、
旧暦の9月13日が10月25日となります。

 

 

日本ではお月見といえば、
旧暦の8月15日の月である
中秋の名月や十五夜です。

 

 

旧暦の9月13日の月は後の月、
十三夜等と呼ばれています。

 

 

地域によっては十五夜も十三夜も
どちらもお月見をしなくてはいけないと
言われているそうです。

 

 

お月見の始まりは縄文時代!?

 

古来日本では月は信仰の対象でした。

 

 

日本でお月見をする風習は、
縄文時代にはあったとされています。

 

 

平安時代にもお月見の記録が残っています。

 

 

しかし、この頃のお月見とは、今のように
直接月を見るのではありませんでした。

 

 

舟を川に浮かべ、水面に写った月を
鑑賞するといったものであったそうです。

 

 

当時は貴族等
高貴な人のみが行う行事でした。

 

お月見 始まり
 

お月見という行事が一般的になったのは、
江戸時代頃からだと言われています。

 

 

月見団子の数と並べ方

 

お月見の際には、月の見える縁側等に
机を出し、月見団子、すすき、収穫した
果物や野菜をお供えします。

 

 

月見団子をお供えするのは、
お月見が神様に収穫を感謝する行事だからです。

 

月見団子 数 並べ方
 

収穫した米を使って団子を作り、
お供えしたのが始まりとされています。

 

 

月に見立てているので丸い形にしますが、
地域によって様々な月見団子があります。

 

 

この月見団子の数は、
一般的には十五夜なら15個、
十三夜なら13個用意します。

 

 

お団子にも並べ方があります。

 

 

15個の場合は一段目に9個(3×3)を並べ、
二段目に4個(2×2)を並べ、
三段目に2個を並べます。

 

 

13個の場合は一段目に9個(3×3)を並べ、
二段目に4個(2×2)を並べます。

 

 

また、その年に出た満月の数による
という考え方もあり、
その場合は平年は12個、閏年は13個となります。

 

 

昔からこのお団子を食べることで
健康と幸福を得られると考えられてきました。

 

 

お月見にすすきを飾る由来とは?

 

すすきを飾るのは、
稲穂にすすきが似ているからです。

 

お月見 すすき 由来
 

本来稲穂には、
神様が宿ると言われていました。

 

 

その代わりにお供えしていたのですが、
本物の稲穂をお供えする地域もあります。

 

 

そして、すすきには魔除けの力があるとされ、
家内安全を祈ってすすきを飾ります。

 

 

すすきの鋭い葉には魔を祓う力があると
されていました。

 

 

また、野菜や果物をお供えする場合は、
里芋・枝豆・栗等です。

 

お月見 すすき 由来
 

芋を供えることから、
日本では十五夜のことを芋名月と
呼ぶこともあります。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪