AX

Girls data » イベントカレンダー » バレンタインデー » バレンタインの思い出

バレンタインの思い出

 ← SARIはいま何位?

バレンタイン 思い出

3月14日、ホワイトデー。
 

誰もが一度は
耳にしたことがある特別な日。
 

全国菓子大博覧会受賞店のホワイトデー  



スポンサードリンク

 

そう、意中の人へのお返し。
 

アプローチ。
 

たくさんの希望が詰まった日です。
 

そんなホワイトデーですが、
皆さんは今までに
どんな経験をされたことでしょうか?
 

とても気になります。
 

人は誰しも経験されたことを
聞きたい生き物だと
私は思っております。
 

というのも、
恥ずかしながら
私自身そうであるからです。
 

そんな私の恥ずかし体験談を
一つ皆さんに
ご紹介したいと思います。
 

思えば、
あれはバレンタインデーに遡ります。
 

まだ中学生だった私は
友達と遊ぶことに夢中の頃です。
 

未成年としてはいけないながら
20時頃帰宅しました。
 

すると玄関に
何か掛かっているではありませんか。
 

「チョ、、チョコ?!待てよ、一体誰が…」
 

思い当たるふしが全くなかった私でしたが、
一先ず、自宅三階の自分の部屋へと
駆け込み中身を確認しました。
 

すると、1つ歳下の女子生徒からの
手作りチョコと告白の手紙が
添えられていました。
 

最後の文にメールアドレスが
書かれていたのを
未だ鮮明に覚えています。
 

それから数日経ち、
お礼のメッセージを送り
何時しか毎日メールするようになっていました。
 

ホワイトデーのお返し

 

全国菓子大博覧会受賞店のホワイトデー  

ホワイトデー お返し  

早いもので3月に突入し、
私は焦りました。
 

「やばい、ホワイトデー何渡せばいいんだ…
アメか?女子はチョコで男子はアメって
母親が言ってたけど。。いつの時代だよ!」
 

テンパっていたのを思い出します。
 

当時はインターネットなんて
まだまだ世に出ていなかったものですから、
探す手段なんてありません。
 

というのは大げさですが、
実際書店で本を漁るぐらいしか
できなかった程です。
 

結局僕はシンプルが
一番だろうということで、
手紙とチョコを渡すことにします。
 

ですが実はここが一番重要です。
 

大人になるとホワイトデーを含め、
イベントごとになるとそれ相応のと
躍起になってしまうものです。
 

結果、お金で
解決しようとしてしまいます。
 

確かに、高価なものや
シチュエーションには
時間も掛かっているものです。
 

受け取る側もすごく嬉しいと思います。
 

ですが今振り返ると、人生で一番ドキドキした、
ワクワクしたホワイトデーはいつだったか…?
 

そう聞かれると、
決まって僕はこのエピソードを思い出します。
 

チョコに手紙を添えて

 

全国菓子大博覧会受賞店のホワイトデー  

チョコ 手紙  

手紙とチョコ。
 

加えるなら、
そこに自分の現在の年齢に培ってきた経験を
添えてあげる。
 

それがプレゼントや
シチュエーションなのだと思います。
 

ですから、
ホワイトデーで忘れてはいけないこと。
 

それは純粋な気持ち、
手紙とチョコなのです。
 

皆さんも次来るホワイトデーでは、
一度あの頃の気持ちに戻って意中の人、
パートナーへ愛を伝えてみてはいかがでしょうか。
 

きっとお相手は
心が暖かくなると私は信じています。
 

ご覧いただき有難うございました。
全国菓子大博覧会受賞店のホワイトデー


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪