AX

Girls data » イベントカレンダー » 敬老の日 » 大好きなおじいちゃんへのプレゼント

大好きなおじいちゃんへのプレゼント

 ← SARIはいま何位?

おじいちゃん プレゼント

9月の第3月曜日。

 

 

日本では敬老の日と
呼ばれる祝日。

 



スポンサードリンク


 

お年寄りを敬い感謝し
長寿を願う日です。

 

 

私は25歳になりますが
小さな頃から敬老の日だけは
特別な日として毎年迎えています。

 

 

なぜなら、
私は幼少期からすごくおじいちゃんっ子で
住んでいるところは違ったのですが
近かったので、毎日のように
祖父母の家に遊びに行っていました。

 

 

祖父母にとって私は
1番小さな孫でしたので
甘やかしてくれたし
可愛がってくれました。

 

 

両親が初めて私を1人で
出かけさせてくれたのも祖父母の家でした。

 

 

孫からのプレゼント

 

そんな私が3歳の頃
敬老の日に初めて贈ったプレゼントは
祖父母の似顔絵でした。

 

 

3歳なのでまだまだ下手でしたが
祖父母は嬉しそうな顔をしてくれました。

 

 

「じぃじのお友達に見せて自慢するね」
と言って、部屋にその似顔絵を
飾ってくれていたことは
今でも覚えています。

 

 

幼稚園の頃は毎年、
絵をあげていましたね。

 

孫 プレゼント
 

それくらいしか出来ないので。(笑)

 

 

小学校に上がってからは
絵と一緒に手紙を添えたり
折り紙で何か作って添えたりと
子供ながらに色々と工夫していきました。

 

 

どんなものでも
祖父母はとても喜んでくれました。

 

 

おじいちゃんが入院!?

 

中学に上がってからは
友達と遊んだり、勉強や部活をしたりと
忙しくなり、家も引っ越してしまったので
祖父母の家に行くことが
少なくなっていきました。

 

 

中1の夏休みに入ってすぐ、
祖父が病気で入院しました。

 

 

お酒もタバコも大好きでしたが、
これまで病気知らずの祖父だったので
入院と聞いた時には
すごく驚いて動揺しました。

 

おじいちゃん 入院
 

入院と聞いた日、
部活が終わるとお見舞いに行きました。

 

 

久しぶりに会うおじいちゃんが
何だかすごく小さく見えました。

 

 

私の顔を見るなり、
にっこりと笑って嬉しそうに
話しかけて来てくれました。

 

 

入院しているおじいちゃんにプレゼント

 

その年の敬老の日。

 

 

おじいちゃんには千羽鶴と
ポロシャツをプレゼントしました。

 

 

退院したらまたおしゃれして
一緒にどこかに遊びに行こうね
と伝えました。

 

 

毎年プレゼントをすると
すごく嬉しそうな顔をしてくれる
おじいちゃん。

 

 

でも、
今年はなぜか少し困ったような顔をして
私にこう言いました。

 

 

「この服は着れるかなぁ(笑)
 おばぁちゃんをこれからもよろしくな」

 

 

1週間後におじいちゃんは他界しました。

 

 

最後にプレゼントも渡せて
おじいちゃんの心の内も聞けて
後悔することがなくて
良かったと思っています。

 

 

敬老の日は大切にしなさいと
教えてくれた両親には
感謝の気持ちでいっぱいです。

 

おじいちゃん 入院 プレゼント
 

おじいちゃんが亡くなった後も
毎年この日はお墓の掃除をしに行き、
おじいちゃんに顔を見せに行っています。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】

まだデータがありません。

話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪