AX

Girls data » イベントカレンダー » お正月 » おせち料理・お雑煮 » 正月の定番!おせち料理の意味に込められた想い

正月の定番!おせち料理の意味に込められた想い

 ← SARIはいま何位?

正月 おせち料理 意味

現代に伝わるおせち料理の原型がほぼ完成したのは、

江戸時代の末頃のことでした。

 

いんさつどっとねっと
 



スポンサードリンク


 

おせち料理は伝統の味

 

 

お正月におせちを頂くことは、
家族や親せきと共に料理を囲み交流を深めます。

 

 

そして代々受け継がれた伝統の味を
後世に伝えていくための大切な行事でした。

 

 

昨今では、現代人の嗜好に合った洋風のものや、
お刺身海鮮などの生鮮食品等、
昔には無かった豪華なごちそうが並びます。

 

いんさつどっとねっと
通常
おせち料理 伝統
 

それらを正月料理として
おせちの代わりに頂くことが増えています。

 

 

ですから一度おせち料理本来の意味を、
きちんと知っておくことも
必要なことではないでしょうか。

 

 

おせち料理の定番!祝い肴三種って何?意味は?

 

 

かつては婚礼などの祝い事の際に
出されていた「お雑煮」が、お正月料理として定着し、
三種類の祝い肴と食べることが定番となりました。

 

 

三種の祝い肴とは、まずは「黒豆」です。

 

いんさつどっとねっと
通常
おせち料理 祝い肴三種
 

まめまめしく働けますように、と
無病息災を願いが込められています。

 

 

次に「田作り」ですね。

 

いんさつどっとねっと
通常
おせち料理 祝い肴三種
 

干した小さなカタクチイワシをごまめ、と呼びます。

 

 

このごまめは昔田畑の肥料に使ったことから、
その年の豊作を祈願する意味があります。

 

 

そして「数の子」です。

 

いんさつどっとねっと
通常
おせち料理 祝い肴三種
 

ニシンの卵である数の子は、
たくさんの小さな卵の粒が集まっています。

 

 

卵から沢山の子が出ることから
子宝に恵まれますようにと
子孫繁栄の象徴として頂きます。

 

 

これらに煮しめなど他の料理も加えて重箱に詰め、
「おせち」という言葉で呼ばれるようになったそうです。

 

 

昔のおせち料理は質素だった!?

 

 

驚くべきことに、テレビやインターネットも無い時代、
全国的にお正月には
これらの「おせち」が食べられていたといいます。

 

 

明確な記録は無いのですが、
おそらく「質素・倹約・勤労」を守るべき美徳として
掲げていたのではないでしょうか。

 

 

そして江戸幕府が、
全国的に広まるようにしたのではないかと思われます。

 

 

と言うのも、今でこそ数の子などは高級な食材ですが、
昔はごくごく庶民的な食べ物として
親しまれていたものでした。

 

いんさつどっとねっと
通常
昔 おせち料理
 

記録などによると「おせち」は日常の食べ物よりも
貧しい質素な食事だったそうです。

 

 

つまり「おせち料理」の原点は今のように
「お正月に特別なごちそうを頂く」ことではないのです。

 

 

「質素・倹約の象徴」「伝統の味の継承」ということを
目的にした行事食だったのです。

 

 

さらに、「質素な食事」を儀式として
お正月に家族・親せきと食べるということで、
一族の結束を深めるという目的もありました。

 

 

おせちを家族そろって頂いてみては!?

 

 

昨今昔ながらのおせち料理は
「おいしくない」「子供が食べない」といって、
すたれつつあります。

 

 

年に一度のお正月くらい
昔に立ち返ってみるのもいいかもしれませんね。

 

 

食材や生産者へ感謝し、健康に家族そろって
新年を迎えられたことを有り難いと感じながら、
おせちを頂いてみてはいかがでしょうか。

 

いんさつどっとねっと


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】

まだデータがありません。

話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪