AX

Girls data » イベントカレンダー » ひな祭り » うそ?ほんと?ひな祭りの言い伝え

うそ?ほんと?ひな祭りの言い伝え

 ← SARIはいま何位?

ひな祭り 言い伝え

「雛人形をしまうが遅いとお嫁に行き遅れる」
「飾り忘れると目が潰れる」
「親の雛人形を子どもに受け継がないとダメ」
 
 
…こんな言い伝えを聞いたことはありませんか?
 
 
カテキン訴求
 



スポンサードリンク

 
女の子の大事なお祝いの行事なのに、
どれもちょっと怖い感じがしますね。
 
 
これって本当なのでしょうか?
 
 
それともただの迷信?
 
 
ひな祭りの言い伝えについて
簡単にまとめてみました!
 
 

ひな人形をしまう時期は?

  
ひな祭りの言い伝え①
雛人形をしまうのが遅いとお嫁に行き遅れる…?
 
 
白井田七。茶

雛人形 しまう時期   
もともと、雛人形は
健康長寿や厄除けを願う風習から、
可愛いわが子の代わりに厄を引き受けてもらう
厄払いとして扱われてきました。
 
 
そんな、
厄の身代わりとなった人形のそばにずっといては、
幸せな結婚はできないと考えられて、
このような言い伝えになったようです。
 
 
また、
片付けをキチンとする娘になって欲しいという
親心からも来ているようですね。
 
 

ひな人形を出し忘れると。。。?

  
ひな祭りの言い伝え②
飾り忘れると目が潰れる…?
 
 
白井田七。茶

雛人形 出し忘れ  
 
昔から
「目のあるものは、
日の光を当てない(片付けたまま)でいると目が潰れる」
とよく言われてきました。
 
 
本当に目が潰れるわけではなく、
目のあるものには魂が宿ると考え
「ずっとしまいこんでいては可哀想」
という優しい気持ちの表れとなって
言われているようです。
 
 
雛人形は作り手はもちろん、
親の子を想う気持ちもつまっている
大事な人形です。
 
 
しまったままにせず、
ちゃんと光に当ててあげましょうということの
言い変えでもあったんですね。
 
 

ひな人形は親子代々受け継ぐの?

  
ひな祭りの言い伝え③
親の雛人形を子どもに受け継がないとダメ…?
 
 
白井田七。茶

雛人形 親子代々  
 
これは、一概にそうとは限らないようです。
 
 
もちろん自分を見守ってくれた存在として、
娘に継承していく場合もあるでしょう。
 
 
一方で、
雛人形は女の子の厄払いとなるもの。
 
 
親の雛人形は人形供養などできちんと手放して、
新しいものを飾ってやると
考えるところもあるようです。
 
 
家庭によって
伝えられてきた想いがあるかもしれません。
 
 
迷ったら自分の親や家族に
相談してみるのもいいと思います。
 
 

ひな祭りには大事な意味合いがこめられていた!

  
いかがでしたでしょうか?
 
 
白井田七。茶

ひな祭り 意味合い  
 
ちょっと怖いと感じられたひな祭りの言い伝えも、
もとをたどると、
どれもものを大切に扱う気持ち、
子を想う親心からきているものばかりでした!
 
 
自分も親に
似たことをよく言われながら育ちましたが、
こんな意味があったんですね。
 
 
雛人形を出したりしまったりは
面倒なところもありますが、
言い伝えを守ってやってきて本当に良かったと、
今では思います。
 
 
(お嫁に行き遅れることもなく、
ちゃんと幸せな結婚ができていますしね!!笑)
 
 
これを読まれた方が、不安を解消されて、
素敵なひな祭りを過ごせることを願っています。

 
カテキン訴求


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】

まだデータがありません。

話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪