AX

Girls data » イベントカレンダー » 彼岸 » お彼岸は日本ならではの習慣[彼岸は「日願」]

お彼岸は日本ならではの習慣[彼岸は「日願」]

 ← SARIはいま何位?

お彼岸 日本 習慣

「お彼岸」で思い出すことは、
彼岸花の揺れる道を通り、両親と
お墓参りをしたことです。

 



スポンサードリンク


 

家には、親戚の人たちも仏前にお参りに来て、
一緒に母の作ったぼた餅を食べ、
お茶を飲み、楽しく過ごしました。

 

 

「暑さ寒さも彼岸まで‥」と言われるように、
ちょうど暑さや寒さが緩んでくる良い時期に、
みんなの笑顔が集まるのです。

 

 

そんな、優しい日本ならではの習慣が
「お彼岸」です。

 

 

お彼岸って今年はいつからいつまで?

 

では、そのお彼岸ですが、
何故、この時期にあるの?お盆とは違うの?
と疑問に思ったことはありませんか?

 

 

では、ここでお彼岸について少し詳しく知り、
もっと日本の素晴らしさを楽しみましょう。

 

 

まず、お彼岸の日にちについてです。

 

お彼岸 今年 いつからいつまで
 

春のお彼岸は、春分の日(2015年は3月21日)の
前後3日ずつの7日間です。

 

 

そして、秋のお彼岸は、秋分の日
(2015年は9月23日)の前後3日ずつの
7日間のことです。

 

 

ですから、「彼岸の入り」というのは、
今年の場合、春は3月18日で秋は9月20日に
なります。

 

 

「彼岸の中日」というのは、
春は春分の日で秋は秋分の日になります。

 

 

お彼岸にお墓参りをする理由とは?

 

では、何故この期間を「お彼岸」と言い、
お墓参りをするのでしょうか。

 

お彼岸 お墓参り 理由
 

それは、日本で昔から信仰されている太陽と
仏教に関係があります。

 

 

春分の日、秋分の日は、それぞれ太陽が
真東から昇って真西に沈む日です。

 

 

そして、それは昼と夜の長さが
だいたい同じ日なのです。

 

 

仏教においては、悟りを開いた仏の住む極楽浄土を
彼の岸「彼岸」と呼び、迷いや煩悩にあふれた
この世を此の岸「此岸(しがん)」と呼びます。

 

 

そして、極楽浄土は西に、
この世は東にあるとされています。

 

 

太陽が真東から昇って真西に沈むこの日は、
彼岸と此岸が最も通じやすくなると
考えられていました。

 

 

ですので、この日の前後3日ずつに
先祖に供養をするようになったのです。

 

 

「彼岸の入り」は、霊界への道が
通じる日であり、お彼岸はあの世と
この世が繋がる大切な期間なのです。

 

 

お彼岸にぼたもちをお供えする理由

 

では、お彼岸にぼた餅を
食べるのは何故でしょう。

 

 

昔は、甘いものが貴重だったのです。

 

 

うるち米と餅米を蒸して、適度に
つぶしたものを団子にして、
小豆あんでくるんだぼた餅は、ご馳走でした。

 

 

先祖の供養をする大切な日に、
ご馳走であるぼた餅をお供えし、
みんなに振る舞ったのです。

 

 

お餅は五穀豊穣を意味し、小豆は魔除けに
通じるものとして、日本の行事には
欠かせないものです。

 

お彼岸 ぼたもち お供え 理由
 

その上、季節によって作り方や呼び方まで
違うのは、日本らしいところですね。

 

 

「ぼた餅」というのは、春に咲く牡丹の花から
名付けられました。

 

 

牡丹の花が大きくて美しいことから、
春のぼた餅は、大きくて丸い形に作ります。

 

 

「おはぎ」は、秋に咲く萩の花から
名付けられました。

 

 

萩の花が小さくて長細いことから、
秋のおはぎは小さめで楕円形に作ります。

 

 

どちらもなくてはならないものです。

 

 

彼岸は「日願」であり、昔から日本には
神道の信仰(太陽への信仰)がありました。

 

 

それに仏教の考えが結びつき易かったため、
広く親しまれるようになったとも言われています。

 

 

お彼岸は、季節の変わり目の少しほっとする時期に、
家族や親戚が集まって祖先の供養をし、
日々の暮らしに感謝する行事なのです。

 

 

自然と共に暮らしてきた日本ならではの習慣を
大切にしていきたいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪