AX

Girls data » イベントカレンダー » 彼岸 » お彼岸の意味は?仏教に関係ある?

お彼岸の意味は?仏教に関係ある?

 ← SARIはいま何位?

お彼岸  意味 仏教

日本には、お彼岸という行事があります。

 

 

お彼岸には、ご先祖様のお墓参りを行うという
習慣が日本にはあります。

 



スポンサードリンク


 

この習慣にはきちんとした意味があり、
今もなお日本では、受け継がれています。

 

 

お彼岸とは、
1年で春と秋の2回行われるものです。

 

 

春のお彼岸は、春分の日から前後3日の
合計7日間となっています。

 

 

秋のお彼岸は、
秋分の日から前後の7日間となっています。

 

 

2015年であれば、
春のお彼岸が3月18日~3月24日で、
秋のお彼岸が9月20日~9月26日です。

 

 

お彼岸の由来は日本の習慣と仏教の融合!?

 

日本のお彼岸とは、仏教の教えが日本で独自に
発展していったものです。

 

 

ただご先祖様のお墓参りをするのではなく、
きちんとした意味を知ることも大切となります。

 

 

お彼岸という言葉の意味は、サンスワリット語の
パーラミター(波羅蜜多)が語源となっています。

 

 

お彼岸の時期は、太陽が真東から昇り、
真西に沈む頃であることから、
故人と人との思いが通じやすい日とされています。

 

 

そのことから、ご先祖様のお墓参りを行い、
感謝を述べ、思いを伝えるという日となりました。

 

お彼岸 由来 習慣 仏教
 

また、春のお彼岸は、食物の種をまく時期であり、
秋のお彼岸は、食物の収穫を行う時期であることから、
昔から自然に感謝をする期間とされていました。

 

 

そのため、仏教の教えと昔ながらの
日本の習慣が結び付いてできた、
日本ならではの習慣の一つとなりました。

 

 

お彼岸にはおはぎ?ぼたもち?なぜ食べるの?

 

お彼岸の際のお供えは、
おはぎとぼたもちが一般的ですね。

 

お彼岸 おはぎ ぼたもち
 

もちろん、おはぎとぼたもちを供えるのも
きちんとした理由があります。

 

 

おはぎとぼたもちは、販売しているお店によって
作り方や見た目が異なることはありますが、
本来は同じ食べ物です。

 

 

春と秋のお彼岸で呼び名が異なるからなのです。

 

 

春のお彼岸の場合には、おはぎと言い、
秋のお彼岸の場合には、ぼたもちと言います。

 

 

分かりやすいように、
呼び名を分けているからだそうです。

 

 

お彼岸の際に、おはぎやぼたもちを供える
理由には2つ説があるようです。

 

 

1つ目は、小豆には邪気を払うことができると
されていたので、お供え物として供えることと
なった説。

 

 

2つ目は、昔は小豆がとても貴重なものであった
ことから、その貴重な小豆を供えることで、
ご先祖様に喜んでほしいという説です。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪