AX

Girls data » イベントカレンダー » 彼岸 » お彼岸にやるべきことは3つ!

お彼岸にやるべきことは3つ!

 ← SARIはいま何位?

お彼岸 やるべきこと

お彼岸は、春と秋に2回あります。

 



スポンサードリンク


 

春分の日と秋分の日を中日とした、
前後3日間を含んだ7日間のことを言います。

 

 

先祖や自然に感謝をし、
お寺の法要やお墓参りをします。

 

 

お彼岸は、平安時代から行われています。

 

 

春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇り、
真西に沈むため、沈む太陽を礼拝すると極楽浄土に
生まれ変わることができると信じられていました。

 

 

それが仏教と絡んで、
お墓参りをするようになりました。

 

 

おはぎとぼたもちの意味には季節が関係している

 

春分の日は、自然を讃え、
生き物を慈しむ日とされています。

 

 

春分の日のお供え物として
有名なのは、ぼた餅です。

 

 

ぼた餅の由来は、3月に咲く
牡丹の花から牡丹餅と付けられ、
ぼた餅になったとされています。

 

おはぎ ぼたもち 意味 季節
 

秋分の日は、先祖を敬い、
亡き人を偲ぶ日とされています。

 

 

秋分の日のお供え物として
有名なのは、おはぎです。

 

 

おはぎの由来は、9月に咲く
萩にちなんで御萩餅から
おはぎと呼ばれるようになりました。

 

おはぎ ぼたもち 意味 季節
 

そもそもぼた餅とおはぎは、呼び方が
違うだけで全く同じものです。

 

 

小豆の赤色には、邪気や災難から
身を守る効果があるとされていて、
供えられるようになりました。

 

 

強いて違いがあるといえば、こしあんか
粒あんかということです。

 

 

ぼた餅は、日持ちするようにと
こしあんで作られることが多いです。

 

 

そして、おはぎは、小豆の収穫時期が
夏から秋のため、新鮮な小豆を使って
お供え物として作られます。

 

 

お彼岸にお供えするのはどんな花がいい?

 

お彼岸では花を供えます。

 

 

一般的には、白い花や淡い色の花など
清楚な雰囲気の花を供えます。

 

お彼岸 お供え どんな花
 

仏花といえば菊を連想しがちですが、
必ず菊でなければならないという
決まりはありません。

 

 

ですので、ご先祖様が好きだった花を
供えることも珍しくありません。

 

 

お彼岸でやるべきことは3つあります。

 

 

1つ目は、仏壇を綺麗に掃除して、
ぼた餅やおはぎを供えることです。

 

 

2つ目は、お坊さんに読経をお願いすることです。

 

 

3つ目は、お墓参りをすることです。

 

 

お墓参りのマナー教えます[時間は?服装は?]

 

特にお墓参りをする際に
気をつけることは様々です。

 

 

まずは時間です。

 

 

特に決まりがあるわけではありませんが、
お寺に迷惑がかからないように、掃除も含めて
15時には終わるように出向くのがマナーです。

 

 

服装は、普段着で問題ありませんが、
暗めの色合いの礼服に近いワンピースを
着れば、失礼に当たりません。

 

 

法要がある場合は、礼服で行くのが
マナーですが、基本的にカラフルな
服装で無ければ大丈夫です。

 

お墓参り マナー 時間 服装
 

お墓参りの流れは、
まず墓石をあらって、
雑草を抜くことから始めます。

 

 

次に、お花やお線香、お菓子をお供えし、
お参りします。

 

 

最後にお花を撤収して終了です。

 

 

お花を残しておくと、虫が湧いたり、
お墓が傷んだりしてしまうため、
持ち帰るようにして下さい。

 

 

お彼岸は先祖を敬い、亡き人を偲ぶ日です。

 

 

もしお彼岸の間にお墓参りができなくても、
お彼岸の前後にお墓参りをすると良いです。

 

 

お彼岸にお墓参りをすることよりも、
お墓参りをしてご先祖様に
手を合わせることが大切です。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪