AX

Girls data » イベントカレンダー » クリスマス » クリスマスプレゼントの思い出~サンタクロースと母

クリスマスプレゼントの思い出~サンタクロースと母

 ← SARIはいま何位?

私は小学校の3年生

くらいまでは
本気でサンタクロースを
信じていました。

 



スポンサードリンク


 

サンタクロースの正体は母親・・・と気づいても

 

小学校高学年になると
サンタクロースがいないことを知りながらも。

 

サンタクロース 正体 親
 

母とサンタクロースから2つもプレゼントを
貰えることが愉快で、プレゼントほしさに
知らないふりをしている少しずるい子でした。

 

 

さすがに中学生になったらそのずるさを自覚して、
信じているふりをするのはやめましたが、
妹の夢を壊さないように努めるのが大変だった
記憶があります。

 

 

何せ私は口が軽く少々意地の悪い性格をしていたので、
「サンタクロースはお母さんだよ」
と言いたくなってしまったのです。

 

 

もちろん、
そんな酷いことはしませんでしたけどね。

 

 

クリスマスプレゼントは好きなものだと嬉しい!

 

クリスマスのプレゼントは、
好きなのもや頼んだプレゼントがもらえたときの喜びは
かなり大きいのです。

 

クリスマスプレゼント 嬉しい
 

一番興奮したのは
朝起きたときに枕元や足元にプレゼントの袋が
置いてあることでした。

 

 

小学校低学年まではプレゼントの催促をしていましたが、
それ以降は特にしていなかったので、
プレゼントが枕元に置いてあるとすごく嬉しかったです。

 

 

しかもそれは
私が好きなキャラクターのぬいぐるみだったり、
気になっていたものだったりしました。

 

 

今思えば母が準備してくれていたのですから
ある程度好みがわかって当たり前です。

 

 

サンタクロースを信じていたころは
「サンタクロースってつくづくすごいおじいさんだな。」
と思っていました。

 

 

サンタクロースの正体に気がついてからも
母への感謝の前にプレゼントをもらえる歓びの方が
勝ってしまいました。

 

 

しかも母は私が高校を卒業する年まで、
毎年クリスマスの夜に寝床に
プレゼントを置いてくれていました。

 

 

クリスマスプレゼントは母からのサプライズ!

 

もちろん、
高校生にもなってプレゼントを
信じていたわけではありません。

 

クリスマスプレゼント サプライズ
 

母もそれを知ってはいましたが、
せっかくのクリスマスなので
サプライズをしてくれたんだと思います。

 

 

小さな頃はプレゼントを貰えることを期待していても、
成長すればその期待もほとんどなくなります。

 

 

でも、朝起きると子どもの頃と同じように
プレゼントが置いてあることがわかったとき、
初めて母の優しさを痛感しました。

 

 

今年のクリスマスプレゼントは母に感謝をこめて・・・

 

今年のクリスマスは
私が何かプレゼントを母に贈りたいです。

 

クリスマスプレゼント 母に
 

私がしてもらったように、
こっそりと夜、枕元にプレゼントを置きましょうか。

 

 

それともこっそりと旅行を予約しましょうか?

 

 

約20年間、私や妹が気がつかないように慎重に
クリスマスのプレゼントを準備してくれた母に、
感謝の意味を込めて。

 

 

20年分のクリスマスプレゼントを
渡そうと思います。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】

まだデータがありません。

話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪