AX

Girls data » イベントカレンダー » こどもの日 » こいのぼりはなぜ「鯉」なの?

こいのぼりはなぜ「鯉」なの?

 ← SARIはいま何位?

こいのぼり なぜ 鯉

4月の終わりからチラホラと

鯉のぼりが泳ぎだし、
5月最初にはところどころで、
色々な鯉のぼりが

泳いでいますよね。

 



スポンサードリンク


 

今でも、文化を大切にしているご家庭で、
わが町にも鯉のぼりが泳いでいます。

 

 

また幼稚園、保育園では、
ひれを手形に見立てた、
子供たちの可愛いお手て鯉のぼりが泳いでいます。

 

 

 

とても新しい発見で、
これもまた違う風流で癒されます。

 

 

また、土手の川橋などに、
何本もの大きな鯉のぼりが泳いでいます。

 

こいのぼり なぜ  鯉
 

わが家に男の子が誕生した時にも、
鯉のぼりは勿論、兜と五月人形を買い、
飾っております。

 

 

何故、鯉のぼりなのでしょう?

 

 

そして何故、5月5日なのでしょう?

 

 

息子が出来てから、改めて認識し直しました。

 

 

江戸時代、将軍家の生活までさかのぼる?

 

まずは何故鯉のぼりを飾るかについてです。

 

 

もともと日本では、将軍に男の子が生まれると
家紋のついた旗や幟(のぼり)を立てて、
祝う風習があったそうです。

 

 

まだこの時点では、鯉のぼりではありません。

 

 

最初は武家の間で広まり、
次に庶民の間で、男の子が生まれたら、
のぼりが立つことが広まりました。

 

 

庶民は武家に負けないよう、
中国で言い伝えられていた立身出世から、
鯉の滝登りをイメージしました。

 

江戸 将軍 生活
 

そして、のぼりに鯉を描き、
端午の節句を祝いだしたのが
『こいのぼり』の最初だと言います。

 

 

この鯉のぼりには色々な意味があります。

 

 

子供に立派になってほしい。

 

 

元気に育ってほしい。

 

 

出世魚にあやかり、将来、立派になってほしい、
などです。

 

 

男の子誕生を、将軍の祝日と一緒に祝ったのが5月5日

 

次に何故5月5日なのでしょう?

 

 

5月5日はこどもの日と今では言われていますが、
別名、端午の節句とも言います。

 

男の子 祝日

 

端午の節句は月の端(はじめ)の
午(うま)の日からきております。

 

 

なので、5月5日は最初から
特別な意味はなかったようです。

 

 

5月の最初の午の日に
節句として祝っていたそうです。

 

 

そこから5日になったのは、端午の午(ご)が、
数字の5(ご)と同じ発音という事から
5日になったのです。

 

 

そして、端午の節句=5月5日が分かったのですが、
まだ他にも5月5日ならではの
ストーリーがあります。

 

 

5月5日は江戸時代に、
徳川幕府の重要な日になりました。

 

 

それは江戸城で将軍のお祝いをする日です。

 

 

将軍に男の子が生まれると、
同日の5月5日に、
男の子のお祝いもしていました。

 

 

というわけで、
5月5日は男の子の日となりました。

 

 

そして、男の子の誕生のお祝いに、
のぼりから鯉のぼりに進化させて、
飾るようになりました。

 

 

これで、鯉のぼりの由来が繋がりましたね。

 

 

 鯉のぼりをしまうタイミングはいつ頃?

 

最後に鯉のぼりを収める時期ですが、
お雛様とは違って、
この時期に必ず収める、ということはないようです。

 

鯉のぼり しまう タイミング
 

五月の連休明けか、五月末までで良いそうです。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約

ランキング【1ヶ月間】

まだデータがありません。

脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】

まだデータがありません。

話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪