AX

Girls data » イベントカレンダー » お花見 » 春の行事と言えば

春の行事と言えば

 ← SARIはいま何位?

春 行事

日本人ならば、
春の行事・宴会ときますと、
やっぱり花見ということになりますよね。
 

雲のやすらぎマットレス  



スポンサードリンク

 

これは私たち国民の
欠かせない行事なのです。
 

まあ、仕事や受験勉強などで忙しくて、
ゆっくり見ることができないという人も、
かわいそうですが多々いますね。
 

残念ですが。
でも、けっして花見の心意気だけは
忘れないでほしいものです。
 

花見というものは本当に昔からある行事で、
いつから始まったのかは、
正直、分かりかねます。
 

ですが、今、そこら中にある花見の
名スポットと呼ばれている場所には、
貴重な歴史があることだけは事実です。
 

またそういう大切な歴史があるからこそ、
お花見の名スポットに
なっているのでしょうね。
 

都内の花見スポット

 

雲のやすらぎマットレス  

都内 花見スポット  

たとえば、東京都内にも
花見のスポットはたくさんありますが、
北区の飛鳥山公園などはその最たるもの。
 

時期にここを訪れると、
実に多くの方々が
楽しく宴会をしています。
 

そのほとんどが、
どこかの会社での宴会のようです。
 

中には家族づれできている方もいて、
小さなお子さんが遊び回っている
風景に出会うこともあります。
 

微笑ましいですね。
 

春の行事・宴会は、
確かに飛鳥山公園ということになるのですが、
ここの魅力は何も季節の桜だけじゃない。
 

園内には3つの博物館があるのです。
 

紙の博物館、
渋沢史料館、
そして北区飛鳥山博物館。
また、児童公園には楽しいプレイロットが。
 

水遊びも楽しめる噴水、
本物のSLや都電も展示されています。
 

大人は宴会、子どもは遊戯、
これこそ春にはもってこいの
イベントとなります。
 

実は30年ほど前まで
ここには展望台もありました。
 

エレベータで上階へ行き、
そこにはちょっとした売店があります。
 

そこで飲物や食物を買って、
備え付けられたテーブルで食する。
 

展望台は確かゆっくりと
回っていたようにも記憶しています。
 

しかし、かなりの年代物でしたから、
撤去され、今はもうありません。
 

飛鳥山公園のモノレール

 

雲のやすらぎマットレス  

飛鳥山公園 モノレール  

その代わりに誕生したのが、
高齢者や障害者、そしてベビーカーでも
気軽に登れる自走式モノレールなのですね。
 

これはアスカルゴと呼ばれています。
 

アスカルゴは、
ゆっくりと飛鳥山の山頂へ登る。
 

乗車料金はなんと無料。
 

これは乗らないと損です。
 

それで春の花見なのですが、
その歴史は江戸時代にさかのぼる。
 

江戸時代でも
ここ飛鳥山公園は
桜の名スポットとして有名でした。
 

でも、今のように花見と言えども、
お酒を楽しんだり、どんちゃん騒ぎをしたり、
という行為は禁止だったのですね。
 

今の時代とはちょっと
花見の感覚が違っていました。
 

とにかく、絶対に忘れてはいけないのは、
春の行事。
 

まあ、春だけでなく、
日本人なら季節ごとの行事は
欠かしたくないものですね。
 

雲のやすらぎマットレス


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】

まだデータがありません。

話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪