AX

Girls data » イベントカレンダー » こどもの日 » 守りたい日本の風習【端午の節句のお祝い~鯉のぼりの意味や由来】

守りたい日本の風習【端午の節句のお祝い~鯉のぼりの意味や由来】

 ← SARIはいま何位?

日本の風習

鯉のぼりとは、
江戸時代の武家で
始まった日本の風習です。

 



スポンサードリンク


 

梅雨の時期の雨の日に、男児の健康や出世を願って、
家庭の庭先で飾られました。

 

 

不織り布や紙や布に鯉の絵柄を描き、
空気を含みはらませて風でなびかせた鯉の形を、
吹き流しに模して作られたのぼりでした。

 

 

昔の端午の節句~我が子への気持ちに鯉のぼりをあげる意味があった

 

この、のぼりは
端午の節句である旧暦の5月5日まで飾られていました。

 

端午の節句 鯉のぼり 意味
 

鯉のぼりが青空を泳ぐ姿は、
親の我が子への気持ちを表しています。

 

 

鯉のぼりが風を受けて泳いでいる姿を見て
いきいきと感じられるのは、
その気持ちが見る人の心の中にあるからです。

 

 

鯉のぼりは別名
「皐のぼり」や「鯉の吹き流し」
とも呼ばれています。

 

 

現在の端午の節句~鯉のぼりを出す時期としまう時期は昔と違う?

 

現在は、新暦のグレゴリオ暦の5月5日まで飾られており
夏の季節の風物詩として用いられ
老若男女問わず親しまれています。

 

 

鯉のぼり 出す 時期
 

現在では、鯉のぼりの飾られる時期が変わり
イメージとしては春の終わりの晴れた日の
青空になびくものとなっています。

 

 

一般的には、お彼岸(春分の日)を過ぎれば
季節の節目が変わった事となるので
鯉のぼりをあげても良いとされています。

 

 

しかし、例えば静岡県の西部地区など地方によっては
新暦のグレゴリオ暦の5月5日よりもひと月遅れである
新暦の6月5日までの間飾られている場所もあります。

 

 

「鯉」の由来と「のぼり」の意味~鯉のぼりの色にこんな意味が!

 

また、なぜ鯉なのかという事に関しては
鯉の滝登りが立身出世の象徴とされているからです。

 

鯉のぼり 意味 由来
 

これは中国の後漢書にも記載されています。

 

 

竜門と呼ばれている黄河の急流にある滝を多くの
魚たちが登ろうと試みたところ鯉だけがその滝を
登り切る事ができ竜になることが出来た
という記述がされています。

 

 

空に向かって青空の元でのぼりとしてあげているのも、
竜になれや竜になる
といった意味が込められているからです。

 

 

元々の鯉のぼりは、
真鯉という黒い鯉だけが使用されておりました。

 

 

これは、鯉だけが滝を登り切り
竜になれたためとされているからです。

 

 

そして、その後明治時代になってからは
赤い真鯉と緋鯉が対になってあげられる様になりました。

 

 

こどもの日は時代とともに~女の子も鯉のぼりでお祝いしよう!

 

現在のように、家族みんなで鯉のぼりを
眺めるようになったのは昭和に入ってからであり、
青い子供の鯉が加わったのもこの時代からです。

 

こどもの日 女の子
 

その様が、まるで親子が寄り添っている様に
見えるためと言われています。

 

 

最近では、
豊富な色の鯉のぼりも数多く販売されています。

 

 

男の子だけに限らず女の子もいるご家庭や、
女の子しかいないご家庭でも女の子らしい橙色や赤色や
ピンク色などの様々な暖色系鯉のぼりをあげています。

 

 

このように、家族全員で眺めて楽しむご家庭も
増加傾向にあります。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪