AX

Girls data » イベントカレンダー » 子供の成長を願い、お祝いする日。親への感謝も忘れずに【七五三】

子供の成長を願い、お祝いする日。親への感謝も忘れずに【七五三】

 ← SARIはいま何位?

子供 成長 願い

古くから、
七五三は
行われていました。

 



スポンサードリンク


 

別々の日に行われていて、
11月15日に決まったのは
江戸時代だと云われています。

 

 

昔は乳幼児の死亡率が高くて、
7歳、5歳、3歳の節目に
無事に成長してくれた事を祝いました。

 

 

そして、これからの将来の無事を願う、
という意味をこめて
七五三が行われているそうです。

 

 

親が子育ての心構えをする日でもある

 

7歳までは、神様の子供を預かって育てているので、
その年までは、何とか神様が助けて下さいます。

 

 

しかしそれから先は人間の子供として、神様が親に
渡して下さるので、親として懸命に育てていく心構えを
する日でもあると聞かされたことが有ります。

 

親 心構え
 

3歳になると言葉が理解出来るようになり、
5歳になれば知恵がつきます。

 

 

7歳では乳歯が生え変わり始めるなど、
発育していく上で、
病気にもなりやすくなります。

 

 

外に出て行く機会も増えます。

 

 

危険な目にあうことも多くなります。

 

 

親としては、心配な限りです。

 

 

そこで、健やかな成長を願って
神様にお祈りをするのが、七五三です。

 

 

七五三、当日の流れはどんな感じ?

 

我が家ではその頃、愛知県に住んでいました。

 

 

近いところでは、徳川家康が産湯を使ったとされる
井戸が有る岡崎城の隣にある
龍城神社にお参りに行っていました

 

七五三 当日 流れ
 

祈祷をしていただいてから、
神主様から千歳あめを頂いて、私の実家に寄り、
皆でお祝いの食事会をしてもらうのが嬉しかったです。

 

 

子供の年齢、性別により
着せてあげるものが異なります。

 

 

スーツ姿、袴姿、振袖姿と、それはもう
着付けをしていただくのを見ているだけで嬉しくて、
子供の成長に、ただただ感謝したものでした。

 

 

家族写真は大切な宝物になります。

 

 

ぜひ写して残しておいて欲しいと思います。

 

 

せっかくの七五三、だから母親も着物がオススメ

 

親の着物についてですが、
せっかくの晴れの日ですからお母さんも着物を
おススメしたいです。

 

七五三 母親 着物
 

でも、支度が大変なのは確かです。

 

 

普段、着物を着慣れている方は段取りがわかりますし、
万が一着崩れても直せます。

 

 

しかし、慣れていない方は、せめて草履の鼻緒を
足に合わせて少し緩めるなり、
履き慣らしておいたほうが良いです。

 

 

お子さんの方も同じで、何度か履かせておいたほうが、
当日疲れて歩けなくなると困りますから
慣れておくといいです。

 

 

お子さんの足袋は、伸び縮みがする
タビックスがおススメです。

 

 

大人用もありますから、普通の足袋よりは
履きやすいのでおススメします。

 

 

親にとっても、子供にとっても
七五三を無事に迎えられるのは嬉しい、
大切な節目です。

 

 

七五三のお祝いの風景はずっと心に残るものですから、
ぜひ、経験されることをおススメします。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪