AX

Girls data » イベントカレンダー » 七夕の由来や意味、知ってる?

七夕の由来や意味、知ってる?

 ← SARIはいま何位?

皆さんは、
七夕の由来や意味を
しっかり理解していますか?

 



スポンサードリンク


 

7月7日は
七夕の日。

 

 

笹飾りをして、
短冊に願い事を書きますよね。

 

 

毎年夏の夜に
星を見上げる
このイベントを、
楽しみにしている
子どもたちは多いです。

 

七夕 由来 意味
 

その由来をしっかりと
子どもたちに教えることが
できますか?

 

 

ただ楽しむ
だけではなく、
しっかりその由来を
教えてあげるのも
大切なことです

 

乞巧奠(きっこうでん)が由来

 

七夕はもともと、
中国から伝わってきた
文化です。

 

 

織女と呼ばれる、
着物などを織る女性たちの
上達を願う
乞巧奠(きっこうでん)
というお祭りが
7月7日に行われていました

 

乞巧奠(きっこうでん)
 

織女が使う織機が
棚機(たなばた)と呼ばれ、
長い時代を経て
七夕と言うように
なったそうです。

 

 

そこから、
七夕の日には
物の上達を願って
天にまっすぐ伸びる
笹の葉に短冊飾りをし
願い事を書く
日本独特の風習が生まれた
と言われています。

 

七夕伝説を教えてあげよう

 

また、
織姫と彦星が出てくる
七夕伝説も、
七夕のイベントには
欠かせません。

 

七夕伝説
 

天の神様の
娘である織姫が、
牛飼いの彦星と
結婚します。

 

 

織姫は着物を織るのが
とても上手で
神様の自慢の娘。

 

 

彦星も、
真面目に牛の世話をする
働き者の青年でした。

 

 

しかし二人は
仕事はそっちのけで
二人で過ごしてばかりに
なってしまいました。

 

七夕伝説
 

織姫が働かないことで
人々の着物は
ボロボロになり
彦星が働かないことで
牛たちは
病気になってしまい
世の人々は
とても困ってしまいます。

 

 

神様は怒ってしまい、
二人を引き離しました。

 

 

しかし、
それではあまりに
かわいそうなので、
年に一度、
7月7日だけは
二人を会わせてあげたのです

 

七夕伝説
 

二人はその日を
待ちわびながら
それぞれの仕事をし、
七夕の日に
再会するようになりました。

 

 

というお話です。

 

 

このお話は、
ロマンチックなだけではなく、
遊んで働かない人は、
好きな人にも会えなくなる
ということから
一生懸命働けば、
また好きな人に会えるようになる
という教訓を、
子どもたちに
教えることもできます。

 

短冊(七夕の願い事)、子供へオススメは

 

七夕は、
ただ笹の葉を飾る
イベントだけでなく、
こうしたお話で
子供たちにきちんと
自分の仕事をする
大切さを教えるのも良いでしょう

 

七夕 短冊 願い事 子供
 

また、
乞巧奠のお話から、
短冊に書く願い事は
「おもちゃが欲しい」や
「お金持ちになりたい」
というような願いではなく、
速く走れるようになりたい」や
絵が上手になりたい」など、
ものの上達を願うものを
書くようにするのが
望ましいものです

 

 

これも合わせて
子どもに教え、
今年の七夕を
いつもと違ったものにするのも
良いですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪