AX

Girls data » イベントカレンダー » 七五三、男の子は5歳だけ?神社へお参りはいつ行く?

七五三、男の子は5歳だけ?神社へお参りはいつ行く?

 ← SARIはいま何位?

七五三 男 5歳 神社

親にとっても
子供にとっても
大きなイベントである
七五三。

 



スポンサードリンク


 

どのようなイベントなのでしょうか。

 

 

もともと七五三とは子供の成長を願い、
祝うための行事です。

 

 

七五三は3歳、5歳、7歳のそれぞれの年に行う
神事でした。

 

 

始まりは平安時代説や室町時代説など
色々な説があります。

 

 

地域としては関東が始まりと言われていますが、
現在では全国に広まっています。

 

 

また、地域ごとに男児女児どちらが何歳で、
父方母方のどちらが、などの内容に
大きく違いがあります。

 

 

成長の節目の行事として、3・5・7歳に意味がある

 

平安時代から江戸時代くらいまでの習慣では、
男女ともに3歳までは赤ちゃんの頭髪を剃って坊主頭にする、
という習慣がありました。

 

 

そして3歳になってから髪を伸ばし始める習慣があり、
その節目の行事だったのです。

 

 

5歳は男の子の袴着の儀です。

 

節目 行事
 

こちらも平安時代に、
男の子が初めて袴を身につけるのが
5歳だったことに由来します。

 

 

7歳の帯解きの儀は、
女の子がそれまで使っていた兵児帯から
大人と同じ帯になる行事です。

 

 

そして昔は7歳になって初めて
戸籍が記載されるということもあり、
大きな節目の年齢であったのです。

 

 

このように7、5、3の年齢にはそれぞれ意味があり
3歳、5歳は男の子、3歳、7歳が女の子というのが
基本になっています。

 

 

ですが地域ごとの違いなどで
最近では色々なやり方があるようです。

 

 

例えば男の子は5歳だけ、男児女児ともに
3歳、5歳、7歳全てと様々です。

 

 

そして服装も和装だけでなく
洋装も珍しくありません。

 

 

七五三、お祝いの料理にも伝統がある

 

七五三のお祝いに出される料理も様々ですが、
多くの地域で出される料理もあります。

 

 

赤飯と紅白餅です。

 

七五三 お祝い 料理
 

この2点は七五三のときには、
必ず用意しなくてはいけない、
というわけではありません。

 

 

お祝い事の食べ物として、
昔から定着しているようです。

 

 

七五三のを祝う年齢も様々です。

 

 

昔ながらの数え年祝うこともありますが、
最近では満年齢が多いようです。

 

 

七五三のお参りは日柄をみて都合の良い日に

 

神社へのお参りも様々です。

 

 

11月15日が七五三の日ですが、
前後1ケ月くらいの間に、お日柄やそれぞれの家の
都合などを考えてお参りするのが一般的です。

 

七五三 お参り 日柄
 

お参りも神社でご祈願をしてもらう、
神社で記念撮影をするだけなど
色々なお参りがあるようです。

 

 

主役となる子供や、家族の体調などに合わせて
負担のないお参りを選ぶ家庭が増えているようです。

 

 

七五三、とはいっても様々な七五三があります。
それぞれの家族の事情に合わせた
お祝いの仕方というのは大事なことです。

 

 

子供の成長を祝うことを忘れずに、
笑顔で過ごせるお参りが一番ですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪