AX

Girls data » 病気・症状 » インフルエンザ対策は早めに!!【体験から得た事】

インフルエンザ対策は早めに!!【体験から得た事】

 ← SARIはいま何位?

インフルエンザ 対策

お子さんをお持ちのママたちの頭に、
10月になるとよぎる事。

 

なたまめ茶



スポンサードリンク


 

インフルエンザは毎年流行する

 

 

それは「インフルエンザの予防接種」だと思います。

 

なたまめ茶
インフルエンザ 毎年流行
 

 

インフルエンザ。毎年必ず流行しますね。

 

 

特に幼稚園や学校では、
爆発的な流行が毎年起きています。

 

 

学級閉鎖で外にも出られず、
退屈な我が子をもてあましたママは多いのでは。

 

 

そんなインフルエンザを、
どう予防すればいいのか。

 

 

そして、かかった時どう対応すればいいのか。

 

 

私自身の体験をもとにご紹介します。

 

 

予防接種の時期と信憑性

 

 

まず、予防です。
予防といえば頭に浮かぶのが「予防接種」ですね。

 

なたまめ茶
予防接種 時期
 

だいたい10月から、
そのシーズンの接種が始まります。

 

 

では、いつ頃受けるのがもっともいいのでしょうか。

 

 

予防接種を受けてから
抗体が身体にできるまで約1ヶ月かかるそうです。

 

 

そして、その抗体は約3ヶ月でなくなります。

 

 

なので、その3ヶ月の間に
流行が来るように接種するのが基本です。

 

 

でも、いつ流行するかは
その年によってまちまちですよね。

 

 

私のかかりつけ医は
「だいたい12月~2月に流行する事が多いので、
10月なかば頃に接種するのが適切」と言っていました。

 

 

すべての時期に対応出来ない以上、
それが妥当な線かなと思います。

 

 

さて、予防接種といえば
「そもそも効果があるのか」という問題もありますね。

 

 

「予防接種したのにかかった」と
文句を言う人は結構多いです。

 

 

けして安くはない接種料金なので、
文句を言いたくなる気持ちはわかります。

 

 

でも、予防接種というのはインフルエンザに
「かからなくする」ものではなく、
「かかりにくくする」ためのものです。

 

 

また「かかった時、
重症化するのを防ぐ」というものです。

 

 

インフルエンザは、
ほとんどの人が約1週間で回復しますよね。

 

 

まれに肺炎や髄膜炎により重症化し、
後遺症が残る事もあります。

 

 

インフルエンザによる
異常行動も最近は問題になっていますよね。

 

 

それらの確率を低くするという意味では
接種する価値はあると思います。

 

 

勿論、接種による後遺症の問題や、
ワクチン製造過程で卵成分を使うという、
アレルギーに関する問題もあります。

 

 

最終的には、
接種するかしないか、
自分で決めるしかないという事ですね。

 

 

予防の基本は手洗いとうがい

 

 

インフルエンザの予防に効果的なのは、
風邪と同じく「手洗い、うがい」です。

 

なたまめ茶
予防 手洗い うがい
 

特に手洗いは大切です。

 

 

帰宅したら手を洗うことを
お子さんにも徹底させましょう。

 

 

ママも一緒に手を洗って、
しっかり洗えているか確認してくださいね。

 

 

「除菌アルコール」については賛否両論ですね。

 

 

我が子が通う幼稚園では
石鹸は置いていますがアルコールはありません。

 

 

「過剰な除菌は、免疫を弱くする」という
主張だそうです。

 

 

私自身は、普段は石鹸のみの手洗いです。

 

 

しかし子供が感染した時は
お世話のあとにアルコール除菌する、
という方法をとっています。

 

 

予防をしていても感染してしまうことを考えて準備しておく

 

 

様々な対策で感染の確率を減らす事は可能ですが、
0%にする事は不可能です。

 

 

手洗いうがいが上手に出来ず、
お友達と接触する
機会も多い小さな子供はなおのことです。

 

 

インフルエンザは感染力が強いので、
家族のひとりがかかると
高い確率で他の家族も感染します。

 

なたまめ茶
予防 感染
 

しかも潜伏期間が短いので、
あっという間に家族全滅したりします。

 

 

そういった事を想定して、
あらかじめ準備をしておく事が必要です。

 

 

数年前、長男から家族全員に
インフルエンザが広まった事がありました。

 

 

折り悪く私は妊娠中。

 

 

大きなお腹と39℃を超える熱をおして
子供を病院に連れて行きました。

 

 

主人を頼ろうにも主人も感染していて、
マスクをしながらスーパーに
足りなくなったオムツを買いに行ってくれました。

 

 

回復してから私は
「インフルエンザにかかった時必要なもの」という
メモを作りました。

 

 

冬になったら多めに備蓄するものとしては、
スポーツドリンクなどの長期保存が可能なものです。

 

 

次に家族の誰かが感染したらすぐに在庫を確認して
買いに行くものは
オムツやトイレットペーパーなどですね。

 

 

そして感染した時、回復期に食べやすいものなど、
一覧にして感染したらすぐ動けるようにしたのです。

 

 

これのおかげで去年は
長男が診断を受けた時には必要なものが揃っていました。

 

 

集団生活をする以上、
感染リスクは避けられません。

 

 

予防、対策をしっかりして、
流行シーズンを乗り越えましょう。

 

なたまめ茶


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】

まだデータがありません。

話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪