AX

Girls data » 美容 » 夏の美容法 » 夏の紫外線対策!白い肌を保つための美容方法

夏の紫外線対策!白い肌を保つための美容方法

 ← SARIはいま何位?

夏 紫外線 美容

紫外線を浴びると
日焼けをしてしまう。

 



スポンサードリンク


 

という知識は多くの方がご存じだと思います。

 

 

紫外線の種類を知っておきましょう

 

紫外線には3つの種類があることをご存じでしょうか。

 

紫外線 種類
 

紫外線対策をする為には、
紫外線についても知っておきましょう。

 

 

紫外線にはUVA、UVB、UVCの3種類があります。

 

 

UVCはオゾン層に阻まれ地上に届くことはないのですが
UVAは紫外線の9割を占め
波長が長いため肌の真皮まで到達してしまいます。

 

 

そのため、肌のハリ、弾力に大事なコラーゲン繊維、
エラスチン繊維を切断させ
シワやたるみの原因にもつながります。

 

 

そして
UVBはオゾン層の増減により地上に達する量は
異なりますが地上まで達して肌に浴びると赤くなります。

 

 

大量に浴びると免疫力が低下したり、
皮膚ガン、白内障を引き起こす原因にもなります。

 

 

ここ最近、
日差し強くなったと感じる方も多いと思いますが、
紫外線は5月から強くなります。

 

 

また時間帯でもAM10時~PM2時ごろが最も強く、
この間で1日の50%の紫外線があっているのです。

 

 

紫外線対策のために~日焼け止めの効果的な使い方

 

紫外線対策のために、
日焼け止めを塗る方は多いと思いますが
みなさんは日焼けどめの効果をご存じでしょうか。

 

日焼け止め 効果
 

日焼けどめには、

1.肌を黒くするのを防ぐ効果
2.しみ、しわ、たるみなど肌の老化を防ぐ効果
があります。

 

 

肌を黒くするのを防ぐのが
SPFと記載されているものです。

 

 

SPF1あたり20分の効果があります。

 

 

ただしSPF50以上だと
紫外線吸収剤という分泌が含まれているため
肌の負担が強くなってしまいます。

 

 

SPF30程であれば紫外線散乱剤が含まれているため
肌の負担が少ないのでオススメなのは
SPF30をこまめに塗り直すことです。

 

 

そしてしみ、しわ、たるみなどの肌の老化を防ぐのは
PAと記載されているものです。

 

 

PA+やPA++など
この+が多ければ多い程強いことを示します。

 

 

紫外線対策にはサングラスも有効です

 

肌は日焼け止めを塗っても目から紫外線
を受けてしまうと、脳にメラニンを作る指令を出し
紫外線に当たっていない肌でも黒くなってしまいます。

 

紫外線対策 サングラス
 

なので
日焼け止めに加えサングラスをかけると
紫外線対策はバッチリです。

 

 

サングラスに抵抗がある方は、今はUVカットメガネや
コンタクトレンズも販売されているので
使って紫外線対策をおこなってみてください。

 

 

そして
紫外線を浴びてしまったアフターケアも
紫外線対策では必要になります。

 

 

日焼けあとのアフターケアに摂りたい食べもの

 

ビタミンCは良いとよく聞くと思いますが
ビタミンA.C.Eを摂取するようにしてください。

 

 

ビタミンC
みかんやイチゴなど果物に多く含まれています。

 

 

ビタミンE
カボチャやにんじんなどの緑黄色野菜に
多く含まれていて強い抗酸化作用があります。

 

 

ビタミンA
レバーやにんじんなどに多く含まれていて
皮膚や粘膜の健康増進作用があるのです。

 

日焼け アフターケア
 

そして1番オススメの食べものはトマトです。

 

 

トマトに含まれるリコピンにも強力な抗酸化作用があり、
アンチエイジングに効果的な食材です。

 

 

トマトを加熱するとより効果が得られます。

 

 

これでみなさんも白い肌とキレイな肌を
キープして夏を楽しみましょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

特集記事一覧

脱毛ラボ 予約
脱毛ラボ 予約
元ヨガインストラクター@サイト管理人
ヨガ ピラティス
SARI
日本最大の鉄道博物館が京都にOPEN
京都鉄道博物館
Girls Data コラム
サイト内検索
最新記事
ランキング【1週間】
話題のテーマ
カテゴリー


人気ブログランキングへ
ここまで記事を読んで頂き有り難うございます! SARIのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は 、最後に クリックをいただければとても嬉しいです♪